園のきまり(ブレザーの合わせ)について 【園からのお知らせ】 2021-03-19 13:15 UP!

正しいブレザーの合わせです。
正しいブレザーの合わせです。

訂正版です。

3月15日の聖書のおはなし 【聖書のおはなし】 2021-03-15 18:00 UP!

 

「いつもあいされている」

 

チャプレン 司祭 林 和広

聖句

「あなたがたは

神に愛されている子供です」

エフェソ5:1

3月15日

 

おはようございます。今日も元気に幼稚園に来てくれてありがとう。

 

今週19日は卒園式ですね。ひまわり組さんは今週が幼稚園での最後の礼拝になりますね。

 

今朝の聖句は最後の週、礼拝にふさわしい聖句だと思います。

 

「みんな、神さまに愛されている子供です」ということば。

 

どんな時でも神さまはみんなのことを大切に想っているということば。みんなが失敗したときも、怒られてしまったときも、神さまはいつでもみんなのことを大切に想ってくれているということばです。

 

良い子であること、何かがよく出来るから神さまが愛してくれる、大切に想ってくれているのではなくて、どんな子供でも、みんな、神さまの大切な子供として、愛してくれている、ということばがみんなに贈られています。

 

4月からはみんなそれぞれ新しい道にすすみます。そこで新しい出会いがあり、新しいことをはじめます。その中にあって大変なこと、つらいこと、悲しいこともあるかもしれない。でも、いつでもどこでも神さまはみんなことをまもってくれています。

 

目には見えない神さまなので、本当にそうかな?って思うかもしれないけど、神さまはいつもそばにいてくれています。そして、その神さまの愛をつたえてくれる人が必ずみんなのまわりにいます。いろんな出会い、出来事を通して、神さまがみんなのことを大切に想ってくれていることを忘れないでいてほしいとおもいます。

 

この幼稚園でのお祈りを通して、みんなにそそがれてきた神さまからの愛情を新しく出会うおともだちに分けてあげてくださいね。

 

この1週間、楽しく元気に過ごすことができますように。

 

 

3月8日の聖書のおはなし 【聖書のおはなし】 2021-03-08 18:05 UP!

 

「ささえあう」

 

チャプレン 司祭 林 和広

聖句

「人にしてもらいたいことは何でも、

あなたがたも人にしなさい」

マタイ7:12

3月8日

 

おはようございます。今日も元気に幼稚園に来てくれてありがとう。

 

今朝の聖句はおともだち、おうちの人たち、まわりの人たちからしてもらいたいことはなんでも、してあげなさい、ということばですが、みんなはどんなことをしてもらいかな?

 

一緒に遊んでほしいとか、困ったときにたすけてほしいとか、いろいろとあると思います。でも、たまに「一緒にあそぼー」とおともだちに言っても、「いまはこれで遊びたい」とか言われることがあるかもしれないし、困っているようにみえたので助けてあげようと声をかけたら、「自分でやってみる」って言われることがあるかもしれない。せっかく声をかけたのに残念だな〜とか、少しさみしい気持ちになるかもしれない。

 

でも、その気持ちを持つことは大切で、そのときは一緒にあそぶことができなくても、また、助けてあげることができなくても、あとになって「あのとき、優しい声をかけてくれたなあ」ってそのおともだちがあなたのことを思い出してくれるかもしれない。そして、そのおともだちがうれしい気持ちになるかもしれない。

 

みんな一人ひとり、やりたいこと、してほしいとは違うかもしれないけど、おともだちを大切に想う気持ちを大切にしてほしいとおもいます。その優しい気持ちは消えることはありません。

 

そして、もう一つ大事なことは、そのおともだちをささえること、おうえんしてあげることだとおもいます。みんながんばって絵をかいたり、作品をつくったり、歌をうたったりといろんなことをいっしょにしていると思うけど、みんな、おたがいにささえあい、おうえんし、そして、いいところをほめてあげることは大切なんじゃないかなあとおもいます。

 

みんな一人ひとりがおともだちのいいところをほめてあげてほしいなあとおもいます。

 

おたがいにやさしい心を分け合うことができますように。

 

除菌器購入につきまして 【園からのお知らせ】 2021-03-08 11:18 UP!

※このトピックスは限定公開トピックスです。
トピックスの内容を閲覧するにはパスワードの入力が必要です。
 

3月1日の聖書のおはなし 【聖書のおはなし】 2021-03-08 10:00 UP!

 

「みんな神さまの子」

 

チャプレン 司祭 林 和広

聖句

「ザアカイ、急いで降りて来なさい」

ルカ19:5

3月1日

 

おはようございます。今日も元気に幼稚園に来てくれてありがとう。

 

今朝の聖句にはザアカイという名前が出てきます。彼は徴税人(ちょうぜいにん)と呼ばれる税金(ぜいきん)をあつめる仕事をする人でした。みんなから税金を集めるのですが、多くの人が苦しい生活をしていました。税金を払うことが大変な人たちがたくさんいました。そうした中にあって、徴税人たちの中には高い税金を取って、その一部を自分のものにする人たちもいました。ザアカイはそうした徴税人たちの中でも一番偉い人でした。

 

ザアカイは多くの人たちから嫌がられていました。たくさんのお金をみんなから集めて、自分だけは良い生活をしてからです。誰もザアカイとおともだちになる人はいませんでした。ザアカイにはお金はたくさんありましたが、おとだちがいなかったのです。生活には困ることはありませんでしたが、さみしい思いをしていたかもしれません。

 

そんなある日、ザアカイが住んでいたところにイエスさまが来られました。イエスさまはいろんなところをめぐりあるいて困っている人、悲しんでいる人、苦しんでいる人たちを助け、神さまのことを伝えていました。多くのひとがイエスさまのことを聞いて、知っていたのでしょう。「イエスさまがここにも来たぞー!」みんな大喜び。たくさんの人たちがイエスさまの周りに集まってきました。ザアカイもそれを聞いてイエスさまに会いにいきます。しかし、たくさんの人がいて、イエスさまが見えません。たくさんの人がいたのと、ザアカイはみんなよりも背が低かったからでした。ザアカイはそれでもイエスさまと会いたかったのでイエスさまが進む道に先回りして、木の上に登って待っていました。そこにイエスさまが来られます。

 

すると、イエスさまは言います。「ザアカイ、急いで降りて来なさい。今日は、あなたの家に泊まる」と。ザアカイはびっくりしたことでしょう。「僕の家に来てくれるのですか?」と。ザアカイは喜んでイエスさまを迎えます。

それを見たまわりの人たちは、「イエスさまは、あの嫌われ者のところに行くんだ・・・」と言います。もっと困っている人、苦しんでいる人、悲しんでいる人のところにいって助けてくれる人だと思っていたのに・・・。そう思ったのでしょう。

 

しかし、ザアカイはイエスさまに言います。「自分の持っているお金を困っている人たちにささげます」と。そして、これまでの自分の悪かったことをイエスさまにすべて話し、たくさん取ったお金を返すことを約束します。

 

イエスさまは誰もおともだちがいなかった嫌われ者のザアカイとおともだちになります。ザアカイはイエスさまがおともだちになってくれたことによって、優しい気持ち、まわりの人のことを想う気持ちを持つことを知りました。イエスさまはどのような人たちにも同じように出会います。みんな神様の子であることを伝えるために。

 

おひなまつりの集い 【きょうのぼくようっこ】 2021-03-03 17:23 UP!

小さなかわいいチューリップが咲きました
小さなかわいいチューリップが咲きました
七段飾りのお雛様。何人いるのかしら?
七段飾りのお雛様。何人いるのかしら?
桃の花も咲いています
桃の花も咲いています
おいしくいただきました。
おいしくいただきました。

 春の暖かさを感じる日が増えてきましたね。

 今日園庭のチューリップの一つに花が咲きました。

 

 今日3月3日は桃の節句。

 ホールに飾られたひな人形を前に、

 おひなまつりの集いを行いました。

 ひな祭りの由来や人形一つ一つの説明を聞き、

 最後に白酒、ではなく乳酸菌飲料を飲んでお祝いしました。

 子どもたちみんなが元気に大きくなっていきますように…。

2月22日の聖書のお話 【聖書のおはなし】 2021-03-02 15:31 UP!

 

 

 

 

 

先週2月22日(月)の

月曜礼拝での

聖書のお話を掲載します。

 

 

 

 

 

--------------------

 

 

 

 

「待ってくれている神さま」

 

 

 

チャプレン 司祭 林 和広

 

聖句

 

「まだ遠く離れていたのに、父親は息子を見つけて、

 

憐れに思い、走り寄って首を抱き、接吻した。」

 

ルカ15:20

 

2月22日

 

 

 

おはようございます。今日も元気に幼稚園に来てくれてありがとう。

 

 

 

みんな幼稚園で楽しく過ごしていますか?

 

 

 

幼稚園ではただ遊ぶだけでなく、お勉強したり、お歌を歌ったり、お片付けをしたり、お手伝いをしたりと、大変なこともたくさんあると思います。自分の好きなことだけしたいとか、先生やお父さん、お母さんの言うことを聞きたくない時もありますよね。

 

 

 

今日の聖句は、「放蕩(ほうとう)息子のたとえ話」ある物語からの言葉です。「放蕩」とは自分の好きなように自分だけのことを思って気ままに生きることです。イエスさまはたとえ話にそのような息子を登場させます。その息子自分の好きなことだけをしたくて、お父さんからたくさんのお金をもらって家を出で行ったけど、遊び過ぎてがついたらお金、住むところ、食べるもの、おともだちもいなくなってしまったのです。何にもなくなった息子は気づきます。「やっぱり家族がいるところがいいなあと。食べるもの、住むところもあって幸せだったのに、僕はそれに気づいていなかった・・・。家に帰ろう。そして、『ごめんなさいって言おう」と。家に近づきました。すると、お父さんがこっちを見ている。ずっと待っていたのです。そして、お父さんの方からこっちに向かって走って迎えにきてくれていたのです。

 

 

 

この息子は帰るまで「お父さん、すごく怒っているだろうなあ」とか、「家に入れてもらえなかったらどうしよう」とか、色々と考えていたことでしょう。どれだけ怒られるだろうか、と不安に思ったり、怖がっていたかもしれません。しかし、このお父さんはずっと心配して待っていてくれていたのです。そして、帰ってくると怒るどころか、とっても喜んでくれたのです。

 

 

 

聖書のこの物語に登場する「おとうさん」は神さま、息子はわたしたち人間を示しています。いろんな失敗や悪いことをしてしまったとき、神さまは自分のことをとっても怒っているだろうなあ、とか、もうゆるしてくれないかもしれないと、考えるかもしれません。でも、神さまはずっと帰ってくるのを待っています。悪いこともしてしまっても、失敗しても、神さまのところに戻っていけば、わたしたちが帰る場所をちゃんと用意して「おかえり」と両手を広げて迎え入れてくれるのです。

 

 

 

神さまの優しさは私たち人間よりもはるかに大きく、広く、深いのです。

 

 

 

 

 

 

 

--------------------