宝塚ふたば幼稚園

たんぽぽぐみ、1学期保育の様子2
カテゴリ:園での様子


「ケンケンパ!じゃんけんぽん!」

音楽あそびと運動あそび

 

 

子どもは自由あそび時に色々な遊びをしますが、カスタネットを取り出して、鳴らして遊ぶ姿も見られます。そういう日は、予定に入れていなくてもなるべく皆でカスタネットを鳴らして遊ぶことにしています。

 

大きく叩いたり、小さく叩いたり、手のひら以外の人差し指と中指で小さく叩いて馬の足音を出してみたりしました。

 

今年は新型コロナウィルスの影響で、園で集団でメロディオンを演奏できるかどうか不透明なので、その分今後は色々な楽器に触れていけると良いと思います。

 

正しい叩き方を最初から教えることはしないでおこうと思います。楽器の扱い(耳の傍でたたかない、下には置かない)など最低限の約束をしたのち、子どもが色々試す探索をする機会を設けて、自分で気付きや楽しさを得てほしいと思います。

 

 

今年は雨が多かったので室内でゲームをしました。たんぽぽぐみは身体を動かす方がエンジンがかかります!

もりのくまさんの音楽が止まると素早くフープに入るゲームや、グーパージャンプなどをしました。

ケンケンパ+ジャンケンのような、動き+ルールのある遊びは少し不慣れな様子ですが、挑戦していこうと思います。涼しくなると、しっぽ取り鬼ごっこなどもして遊びたいと思います。

スポーツ科学において、幼児期は神経系が発達する年齢と言われています。全身の調整力や空間などの認識力、そして肯定感を得て、運動に親しめると良いと思います。そして集団での遊びを深めていけると良いなと思います。


次へ
戻る
一覧へ
TOPに戻る