7月27日の聖書のお話 【聖書のおはなし】 2020-07-28 09:30 UP!

 
 

 

 

 

 

 

ひまわりが咲きました!!

 

先生たちより

背の高い

ひまわりになりました

 

 

「咲いてる~!!!」と

 

どのクラスのお友だちも

見上げていました

 

 

 

 

 

 

ばら組さんと

もも組さんは

水遊びでしゃぼん玉^^

 

 

「手に乗ったよ~!!」

ともも組さんが

教えてくれました

 

 

 

1学期も残り1週間です。

 

毎日元気に過ごそうね

 

 

 

 

 

 

 

今週の聖書のお話を掲載します。

 

 

 

 

 

 

----------------------

 

 


いつもいっしょ


 


チャプレン 司祭 林 和広


聖句


「最も小さい者の一人にしたのは、


わたしにしてくれたことなのである」


マタイ25:40


 


我が家に小さなカメがやってきました。


 


人間で言えば赤ちゃんです。でも、水の中を元気に泳いだり、小さなエサを大きな口を開けて食べて、嬉しそうです。僕が子カメの住んでいる水そうをのぞくと、こっちを見てくれます。とても可愛らしいです。


 


聖書の中にある「小さな者」とは、小さな幼子、子供だけでなく、周りの人たちの助け、支えを必要としている人たちのことです。


 


わたしたちの世界には他の人たちの助けを必要としている人たちがたくさんいます。日本でもここ最近、雨がすごく降って、たくさんの雨で家が流されてしまった人、食べるもの、着るもの、住むところを失った人たちがいます。そのためにたくさんの人たちが助けを必要としていますが、コロナウイルスという怖いウイルスが日本全国に広がっていて、なかなか思うような助け、支えを受けることができていないところもあります。


 


わたしたちはすぐにそこに行って助けてあげることはできないけど、そこにいる人たちのことを想い、「神さま、困っている人たちを助けてください」とお祈りすることはできます。ちょうど、今日の礼拝の中には、そのお祈りがあり、これからそのお祈りをみんなと一緒におささげします。心をこめてお祈りしたいと思います。


 


聖書には、復活されたイエスさまはお弟子さんたちとしばらくのち、神さまのところへ、天へと昇られたと書かれています。そして、わたしたちの目には見えなくなったけれど、わたしたちとともにいつも一緒にいてくれる、と書かれています。


 


困っている人のところ、困っている人のうちにイエスさまがいてくれること、困っている人たちのために祈るとき、そのお祈りはイエスさまのところにも届いている。みんなの中に、お友達の中にもイエスさまがいてくれて、お友達を助けることは、イエスさまを助けることでもあるのです。


 


お友達の中にイエスさまがいる。お友達と一緒に楽しく遊んでいるとき、イエスさまもその中にいて、楽しく、喜んでくれている。


 


今日もイエスさまと一緒に、お友達と一緒に楽しく過ごしてくださいね。


 

 

 

 

----------------------

 

 

 

 

 

 

 

7月20日の聖書のお話 【聖書のおはなし】 2020-07-20 18:22 UP!

先週のお天気の日に、ばら組さんがせみの声を聴いていました^^
先週のお天気の日に、ばら組さんがせみの声を聴いていました^^
ばら組さんのトマト、いつ赤くなるかな?楽しみだね!
ばら組さんのトマト、いつ赤くなるかな?楽しみだね!

 

 

 

 

先週の金曜日は

夏まつりにご参加くださり

ありがとうございました!

 

 

皆様のご協力があり、

無事に実施できました!!

 

 

 

 

楽しい一日でしたね

 

 

 

 

 

 

なかなか梅雨明けにならず、

今週もまた雨が降るようですが、

 

晴れ間を見つけて

園庭で遊んだり

水遊びをしたり楽しんでいます!

 

 

 

今日はとっても

暑かったので、

水遊びが気持ちよさそうでした

 

 

 

 

 

1学期もあと少し!

 

 

楽しく過ごせますように

 

 

 

今週の聖書のお話と

今月の聖歌の歌詞を掲載します^^

 

 

 

 

 

-----------------------

 

 


忘れないでほしいこと


 


チャプレン 司祭 林 和広


聖句


「ひとりよりもふたりが良い。


共に労苦すれば、その報いは良い」


コヘレト4:9


 


夏休みが近づいてきましたね。


 


わたしが小さな頃、夏休みにはおじいちゃん、おばあちゃんの家に親戚が集まりました。たくさんの親戚の子がいてとても嬉しかったです。わたしは一人っ子でしたが、親戚はみんな2〜3人の兄弟、姉妹がいたのでとっても賑やかでした。でも、何日がするとみんなお家に帰ってしまうので、みんなが帰る日は寂しくて泣いていました。ひとりでいるときがいい時もあるけど、やっぱりいつも一緒にいてくれる人がいた方がいいなと思います。


 


それから何年か経ったあるとき、僕は急に腰が痛くなって家の近くで立てなくなったときがありました。そのとき、だれもいなかったので、立てないまま倒れていたら、たまたまお友だちがそこを通りがかり、僕の手を取り、そして、他のお友達も呼んでくれて、みんなで助けてくれました。


 


その後、病院に行ったら、僕の腰には病気があって、お医者さんから治るには時間がかかると言われて、しばらく、病院に通っていました。それからというもの、何年かに一回は腰が痛くなって、急に立てなくなるということを繰り返していました。


 


腰が痛くなって立てなくなるとき、腰が痛いのでとても悲しくなります。でも、そのたびに周りのお友達が助けてくれたので、腰は痛いけど、でも、心は嬉しくてホッカホカでした。


 


元気なときは、ひとりでも大丈夫!、自分で出来る!と思えるのですが、元気ではないとき、ああ、どうしよう、痛い、辛い、不安になります。


 


腰が悪くなってからは、元気な時も、元気ではない時も、誰か支えてくれる人が必要だし、そのような人がいてくれることに「ありがとう」と思うようにしています。


 


自分は一人でも大丈夫、と思える子もいるかもしれない。でも、一人でいるのが不安で、一緒にいて欲しいと思っているお友達がいることを覚えていて欲しいと思います。そして、そのような思いを持っているお友達を助けてあげて欲しいと思います。


 


わたしたちはひとりでは決して生きてはいけません。助け合って生きるために、わたしたちはこの世界に生まれてきたのだと思います。助け合う喜びを知るために。そのことを忘れずにいて欲しいと思います。

 

 

 

-----------------------

 

 

 

【7月の聖歌】

 

 

 

『そのかずいくつ』

 

そらにひかるほし

そのかずいくつ

 

そらにうかぶくも

そのかずいくつ

 

かみさまは みんなみんな

かぞえて かぞえて

かみさま そのかず

おぼえて いたもう

 

 

****

 

 

『あなたのへいわ』

 

あなたのへいわの

うつわにしてください

主よ わたしをあなたの

へいわのうつわに

 

にくしみあるところに

あなたのあいが あるように

かなしみあるところに

よろこびが あるように

 

ゆるすことにより

わたしたちはゆるされ

かみのあいをつたえる

へいわのうつわに

 

 

 

------------------------------

 

 

 

 

 

 

お天気な一日でした! 【きょうのぼくようっこ】 2020-07-15 17:45 UP!

スコップで川を作っています
スコップで川を作っています
じょうろでお水を追加~!!
じょうろでお水を追加~!!
船も浮かべて遊んでいましたよ♪
船も浮かべて遊んでいましたよ♪
どうぶつさんのお弁当箱で届きます!
どうぶつさんのお弁当箱で届きます!
今日はあじのメンチカツでしたよ^^
今日はあじのメンチカツでしたよ^^

 

 

 

 

今日はお外で

水遊びができました!

 

 

ひまわり組さんは

久しぶりの、

 

ばら・もも組さんは

初めての

水遊びでした

 

 

やっと、でしたね!

 

 

 

幼稚園に大きな川ができて

大喜びしていました

 

 

 

 

 

 

水遊びの後は給食

 

 

かわいいお弁当箱に

入っています

 

とってもおいしかったね! 

 

 

 

 

 

7月13日の聖書のお話 【聖書のおはなし】 2020-07-14 10:00 UP!

 

 

 

 

 

 

 

先週から雨が続いています。

 

 

お外で遊びたい!

水遊びがしたい!

気持ちでいっぱいですね…

 

 

 

今週の聖書のお話を掲載します

 

 

 

 

 

---------------------------

 

 

 

 

 


ひとりではない


 


チャプレン 司祭 林 和広


聖句


「愛によって支えなさい。」


ガラテヤ5:13


 


わたしたちは礼拝でイエスさまにお祈りをささげます。イエスさまは神さまのひとり子であり、神さまといつも共にいて、わたしたちを守ってくれているからです。


 


イエスさまは神さまのひとり子として、みんなが今、生きているこの世界にお生まれになりました。神さまの子だけれども、わたしたちと同じ人間としてお生まれになりました。みんなと同じように赤ちゃんとしてお生まれになり、お父さんのヨセフさん、お母さんのマリアさんに守られて、支えられて、スクスク大きくなりました。みんなと同じように3歳、4歳、5歳、6歳の時期があり、他のおともだちと一緒に遊んだりして、大きくなって行きました。


 


そのイエスさまは大きくなって、たくさんの人たちを助けました。神さまの子としていろんな奇跡も行いました。


あちこちを歩いて、困っている人に「大丈夫だよ」と声をかけ、病気や苦しいことから助けました。


 


でも、大人になってあちこちを歩いて、たくさんの人たちを助ける前にされたことは、自分と一緒にいてくれる人を探して、声をかけたことです。一緒に生きていこう、と声をかけました。神さまの子、何でもできる神さまのひとり子であれば、神さまと同じパワーを持っていて、何でもひとりで出来るように思うけど、イエスさまが最初にしたことは、一緒にいてくれる人を探し、声をかけたことです。イエスさまは自分を助けてくれる人、支えてくれる人が欲しいと思われたのです。聖書ではその人たちのことを、「ともだち」ってイエスさまが呼ばれたところがあります。


 


わたしたちの世界にもたくさんいろんなことができる人がいます。スポーツができる人、勉強が出来る人、お歌が上手い人、いろんなことができる人がいます。困っている人、悲しんでいる人たちのためにたくさんの人を助ける人たちがいます。すごいなあ、と思います。自分にはできるかなあと思います。でも、その人たちも一人ではなく、その人たちを助けてくれる人、支えてくれる人がいて、いろいろなことができるのです。


 


神さまのひとり子イエスさまは、目には見えない神さまの想いをわたしたち人間に、わたしたちの世界に伝えるためにこの世界に来られましたが、その神さまのひとり子イエスさまが大事にしたこと、わたしたちに伝えてくれたことは、ひとりでは生きてはいけないこと、周りの人の支え、助けが必要であることでした。


 


みんなの周りにはいつも必ずみんなを支えてくれる人たちがいます。お友達がいます。ひとりではない、一緒にいてくれる人がいる、そして、そこには目には見えないけど、神さまのひとり子イエスさまがいつも一緒にいてくれることを忘れず、今日も元気で遊んでくださいね。


 


 

 

---------------------------

 

 

 

 

 

 

 

 

 

笹飾りをしました 【きょうのぼくようっこ】 2020-07-07 18:31 UP!

ひまわり組さん
ひまわり組さん
もも組さん
もも組さん
ひよこ・ばら組さん
ひよこ・ばら組さん
飾り付けに夢中!
飾り付けに夢中!
みんなのお願いごとが
みんなのお願いごとが
届きますように・・・☆
届きますように・・・☆

 

 

 

 

 

 

今日は七夕ですね!

 

 

みんなで作った

かわいい笹飾りや

短冊を飾り付けました

 

 

 

ひよこ組・ばら組と

もも組の笹は

園舎の階段に、

 

ひまわり組の笹は

ホールに飾っています。

 

 

 

 

かわいいお願いが

書かれた短冊がいっぱい

 

 

 

どんなお願いごとを

書いたか

聞いてみてください♪

 

 

 

 

 

 

 

朝から

雨が降っていましたが

少しずつ弱まっていますね!

 

 

少しの時間でも

雨がやんで、

 

織姫様と彦星様が

会えますように…

 

 

 

 

 

 

 

 

7月6日の聖書のお話 【聖書のおはなし】 2020-07-06 17:21 UP!

 

 

 

 

 

今日の登園時は

雨風が強かったですね

 

 

 

大変な中での登園

ありがとうございました 

 

 

 

 

 

 

 

今日の聖書のお話を掲載します。

 

 

 

また、子どもたちが

家で聖歌を歌っていると

うかがったので

 

6月の聖歌の歌詞も

掲載します^^

 

 

 

ぜひ一緒に

歌ってみてください

 

 

 

 

7月の聖歌も

後日掲載しますね

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

------------------------------

 

 

 

 


ひとりひとりが大事


 


チャプレン 司祭 林 和広


聖句


「人を分け隔てしてはなりません」


ヤコブ2:1


 


おはようございます。すごい雨ですが、幼稚園に来てくれてありがとう。


 


牧羊幼稚園の「牧羊」には羊さんを大切に育てるという思いが込められています。


 


わたしは数年前、イギリスという国に住んでいました。明石のような街中ではなく、あまり建物がない、広い、広い丘や牧場があるところに住んでいました。そこにはたくさんの羊さんがいましたが、はじめの頃はすべてが同じ顔、同じ姿に見えました。でも、しばらく住んでいるうちに一匹一匹、少し違いがあるように見えるようになりました。


 


聖書の中にも羊さんと羊飼いさんの話があります。羊飼いさんは、一匹一匹の顔、姿を覚えており、一匹一匹に名前をつけ、大事に育てていたのです。同じに見えるようで一匹一匹の特徴を知っていたのです。耳が大きい、鼻が大きい、目が大きいとか、形が違うとか、泣き声が違うとか。そんな特徴を見て、名前をつけて覚えて、声をかけていたようです。


 


羊さんはいろんな羊さんがいます。羊飼いさんの声をよく聞いていつもその側にいる羊さんもいれば、全く羊飼いさんの声を聞かないで、あちこちとフラフラする羊さんもいる。でも、羊飼いさんは一匹一匹を大事に育てます。


 


わたしたち人間も顔、姿、声、いろんな違いがあります。好きなものも違います。得意なものも違います。あるお友達はかけっこが好きで速いけど、あるお友達は絵を書くのが大好き。あるお友達はお外でたくさん遊びたいけど、あるお友達はお部屋で本だけを読んでいたいとか。みんなが同じことをしているときに違うことをしたいというお友達もいます。お話を聞くのが好きなお友達もいれば、今は違うことをしたくて遊びたいというお友達もいます。


 


みんなひとり一人が違うのです。「分け隔てる」とは、このお友達は良いけど、このお友達は自分や他のお友達と違うからイヤだとか、ダメだって、決めつけてしまうことです。


 


牧羊幼稚園では、ひとり一人の「違い」を大切にします。一匹一匹、違う羊さんの「違い」をちゃんとみてくれて、大事に育ててくれる羊飼いさんのように先生が見てくれています。この子は良い子、この子はダメな子と決めつけたりしません。一人ひとりを大切な存在として見守ってくれるところです。


 


雨がすごく、お外で遊べないのですが、今日も1日、自由に楽しく過ごしてくださいね。

 

 

 

 

 

 

------------------------------

 

 

 

 

 

【6月の聖歌】

 

 

 

『おとうさん』

 

おおきい わたしの おとうさん

わたしも おおきく なるように

いつも いのって いるのかな

 

つよい わたしの おとうさん

わたしも つよく なるように

いつも いのって いるのかな

 

やさしい わたしの おとうさん

わたしも やさしく なるように

いつも いのって いるのかな

 

かみさま きょうも おとうさん

おまもりください ありがとう

 

 

****

 

 

『このはなのように』

 

このはなのように

うつくしいこころを

かみさまください

ちいさなわたしにも

 

このはなのように

ひとびとをあいせる

こころをください

ちいさなわたしにも

 

 

 

 

------------------------------

 

 

 

 

 

 

ぼくようてんもんかがくかん 【きょうのぼくようっこ】 2020-07-03 16:53 UP!

 
 
 
 
 

 

 

 

 

ひまわり組さんは

本日天文科学館見学の予定

だったので、

 

 

牧羊幼稚園にて

 

”ぼくようてんもんかがくかん”

 

を行いました

 

 

 

 

前日からチケットをもらって

わくわくしながら

幼稚園にきたひまわり組さん

 

 

 

 

寝転がって

プラネタリウムを見たり、

 

ドラえもんの

天体に関するDVDを見たり、

 

星が映る魔法のお皿を

製作して、

自分たちの星を作ってみたり、、、

 

 

 

楽しいことが盛りだくさん

 

 

 

 

「星座を見つけたよ!」

 

「流れ星も流れてきた!!」

 

とみんな大喜びでした

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

プラネタリウムの

写真を撮ってみました!

 

 

掲載する際に

画質も落ちている為、

 

見えにくいかと思います

 

 

明るくなっている写真も

ありますが、

実際のお部屋はもっと

真っ暗です。

 

 

 

 

星座の形が見えるでしょうか…?

 

 

 

 

 

子どもたちの心には

もっときれいな星空が

残っていることでしょう

 

 

楽しい一日でした^^