6月29日の聖書のお話/ムクロジの実 【聖書のおはなし】 2020-06-30 10:00 UP!

見えにくいかもしれませんが、ペットボトルの下の茶色いものがムクロジの実の皮の部分です。
見えにくいかもしれませんが、ペットボトルの下の茶色いものがムクロジの実の皮の部分です。
「泡がたくさんになった~~!!!」と大喜びしています。
「泡がたくさんになった~~!!!」と大喜びしています。

 

 

 

 

 

ひまわり組のお友だちが

夢中になっている

ムクロジの実を知っていますか?

 

 

この実の皮は、水の中で

揉めば泡が立つので、

昔は洗剤として使われていました!

 

皮の中の黒い実は

正月遊びの羽根つきの玉としても

使われていたようです。

 

 

 

ひまわり組さんは

ペットボトルに水と

ムクロジの皮を入れて

 

いっぱい振り振りして…

 

 

「ジュースみたい♡」

 

「泡がいっぱいになった~!!」

 

と夢中で遊んでいます

 

 

 

自然ってとっても面白いですね♪

 

 

 

 

 

水を使った遊びが面白い季節が

やってきました

 

 

プール遊びが中止になった分、

 

たっぷり水遊びをして

のびのびと楽しんでほしいです

 

 

 

幼稚園が始まり1ヵ月が経ち

疲れも出てくる頃かと思います。

 

もうすぐ午後からの保育も始まります!

 

 

体調には十分にお気をつけください

 

 

 

 

 

 

 

 

昨日の聖書のお話を掲載します。

 

 

どうぞお読みください。

 

 

 

 

 

 

----------------------------

 

 

 


良い土地になるところ


 


チャプレン 司祭 林 和広


聖句


「良い土地に撒かれたものとは、


御言葉を聞いて受け入れる人」


マルコ4:20


 


今日のお話は土についてです。


 


牧羊幼稚園の中にも土があり、そこに草花が生え、ダンゴムシやアリがいます。幼稚園にはお米を作るための入れモノがありますがその中にも土が入っています。土にはたくさんの栄養があり、そこからみんなが食べるお米やお野菜が育ちます。そこにいる生き物も育ちます。みんながたくさん食べて栄養をとって育っていくのと同じです。


 


今朝の聖句には「良い土地」とあるけど、昔むかし、イエスさまが住んでいたところでは、土に種を蒔く時、ひとつひとつ丁寧に土に種を撒くというよりは、種をガバッとつかんで、あっちこっちにばぁーつと投げて撒いていたそうです。風が吹いていればどこに飛んでいくかわからない・・・種が落ちた場所で種がグングン大きくなるところは「良い土地」と思われていたようです。種が投げられたところの土が少なかったり、鳥が来て種を食べてしまったらそこでは種があまり育たない・・・「良くない土地」と思われたのです。


 


このようなことを見ると、たくさんのお野菜や草花が育つ土地になるには、鳥に食べられたりしないように、また、土が少なければ土を増やし、水を与えるなど、周りの人たちの支え、助けがいるようです。空から太陽や雨の恵みを受けつつ、その土地を見守ってくれる人たちの助け、支えがあれば元気で良い土地になるのです。


 


牧羊幼稚園にはみんなが「良い土地」になるようにと助け、支えてくれる先生やおともだちがいます。


良い土地になって元気にグングンと種が育つようにお互いに支え、助け合う場所が牧羊幼稚園なのです。


 

みんなひとり一人が良い土地になる場所としてのこの幼稚園で、今日も1日楽しく遊んでくださいね。

 

 

 

 

----------------------------

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

おみせやさんごっこ 【きょうのぼくようっこ】 2020-06-26 15:28 UP!

【ひよこ組】カードが出てくる仕掛けにみんな興味津々!
【ひよこ組】カードが出てくる仕掛けにみんな興味津々!
【ばら組】かわいいアイスクリーム屋さん!
【ばら組】かわいいアイスクリーム屋さん!
コーンとカップの2種類があるよ^^
コーンとカップの2種類があるよ^^
【もも組】おいしそうなハンバーガーやさん!
【もも組】おいしそうなハンバーガーやさん!
ジュースは5種類あるよ。ポテトも本物みたいだね!
ジュースは5種類あるよ。ポテトも本物みたいだね!
とってもおいしそう!食べたくなっちゃう…
とってもおいしそう!食べたくなっちゃう…
【ひまわり組】たくさんの探検グッズが揃っているよ!
【ひまわり組】たくさんの探検グッズが揃っているよ!
双眼鏡を買って遠くを見ているお友だちがいっぱいでした^^
双眼鏡を買って遠くを見ているお友だちがいっぱいでした^^
かわいい虫めがねも!虫かごと、ヘッドライトもあったよ!
かわいい虫めがねも!虫かごと、ヘッドライトもあったよ!

 

 

 

 

 

 

 

みんなが楽しみにしながら

準備をしてきた

おみせやさんごっこの日でした

 

 

 

 

例年はホールだけで

開催していましたが、

 

会場を広くするために

今年はひまわり組さんのお部屋も

お店に大変身

 

 

 

 

ひよこ組さんは

”ポケモンカードガチャ

 

ばら組さんは

”アイスクリームやさん

 

もも組さんは

”ハンバーガーやさん

 

ひまわり組さんは

”探検グッズやさん

 

 

大盛り上がりの1日でした

 

 

 

 

 

「いらっしゃいませー!!」

と張り切って

お店屋さんになったり、

 

 

お買い物したものを

お友だちと

見せ合ったり、、、

 

 

 

とってもとっても

かわいかったです

 

 

 

 

 

 

どんなお店だったのか

写真に撮りました♪

 

 

 

 

絵本袋にお土産が

たくさん入っています

 

 

ぜひお買い物エピソードを

聞いてみてください^^

 

 

 

 

 

 

6月22日の聖書のお話 【聖書のおはなし】 2020-06-23 18:06 UP!

ばらぐみさんのトマト♪黄色いお花が…!
ばらぐみさんのトマト♪黄色いお花が…!
ももぐみさんのオクラも元気いっぱいです。
ももぐみさんのオクラも元気いっぱいです。
ひまわりぐみさんの稲!とっても楽しみですね!
ひまわりぐみさんの稲!とっても楽しみですね!
ひまわりも大きくなってきました。みんなより大きくなるかな?
ひまわりも大きくなってきました。みんなより大きくなるかな?

 

 

 

 

 

暑い日が続いていますが、

子どもたちは暑さに負けず

元気いっぱいです

 

 

みんなが植えた野菜たちも

すくすく大きくなっています

 

 

 

楽しみですね♪

 

 

 

 

 

 

 

 

一日遅くなってしまいましたが、

昨日の月曜礼拝での

聖書のお話を掲載します。

 

 

 

ぜひご家族の皆様も

お読みください。

 

 

 

 

 

------------------------------

 

 

 


ありがとう


 


チャプレン 司祭 林 和広


聖句


「わが子よ、父の諭しに聞き従え。


母の教えをおそろかにするな」


箴言1:8


 


今日は感謝ということに少し触れたいとおもいます。


 


「ありがとう」という言葉があります。


とっても素敵な言葉です。


 


お家で、幼稚園で、お外で、いろんな言葉を使いますけど、「ありがとう」という言葉ほど素敵で、美しい言葉はありません。


 


「ありがとう」と言う人も、言われる人もとっても嬉しい気持ちになります。


 


今朝のお祈りの中にもありますけど、夜寝て、朝、起きることができたことに「ありがとう」と言う心で始まり、朝ごはんを食ベることができることに「ありがとう」、無事に幼稚園に来れて、みんなに出会えたことに「ありがとう」と言えることがたくさんあります。


 


「ありがとう」と言う言葉は、「めずらしい」とか、「なかなかこんなことはない」と言う想いから生まれた言葉だそうです。


 


朝起きて、ご飯食べて、無事に幼稚園に行けて、先生、お友達に出会うこと、は普通なことのようで、でも、それはとってもすごいことなのです。当たり前のようで当たり前ではないのです。


 


朝起きること、ねむくてツラいこともあります。朝起きてご飯食べること、お家から出て、幼稚園にいくのもツラい時がありますよね。


 


でも、朝起きること、朝ごはんを食べることができること、幼稚園に行けること、先生や友達に会うことができることは、とっても幸せなこと、そのようにいつも思えることができたらいいですね。


 


今日はどれだけの「ありがとう」があるかな? うれしいことがここにもあった、あそこにもあったと、たくさんの「ありがとう」を見つけて、楽しく過ごしてくださいね。

 

 

 

-------------------------------

 

 

 

 

誕生会&6月15日の聖書のお話 【聖書のおはなし】 2020-06-15 17:12 UP!

 
 

 

 

 

 

 

 

先週、初めてのお誕生会でした

 

 

昨年度の3月生まれのお友だち、

4・5月生まれのお友だち、

 

お誕生日おめでとう

 

 

お祝いするのが

遅くなってしまったけれど、

 

楽しいお祝いの会が

無事に開催できて良かったです

 

 

 

 

へびさんやとかげさんを連れて

大渕希郷さんが

幼稚園へ来てくださいました。

 

 

足のあるへびさんの

ちっちゃな足も

カメラで見せてもらいました

 

 

 

とってもたのしかったね

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

本日の聖書のお話を掲載します。

 

 

ぜひ、ご家族の皆様も

お読みください。

 

 

 

 

 

 

 

-----------------------------

 

 

 

 


みんな、おいで


 


チャプレン 司祭 林 和広


聖句


「子供たちをわたしのところに来させない」


マルコ10:14


 


みなさん、お元気ですか?


今日も、牧羊幼稚園に来てくれてありがとう。


 


朝起きて、お家を出て、この幼稚園に来てくれること、とても嬉しいことです。


幼稚園の先生たちは、みんなが来るのをいつも楽しみにしてくれています。僕も朝、みんなが元気に来てくれるのを楽しみにしています。幼稚園の先生たちは、毎日、みんなが幼稚園に来て、楽しく過ごすことができるようにいろんなことを考えてくれて、準備して、待ってくれています。


 


今朝の聖句はイエスさまの言葉です。


「わたしのところに来させない」そう行って、子供たちがイエスさまのところに来ました。


「来させなさい」とは、「ここにおいで」という呼びかけです。イエスさまが一人ひとりを呼んでくれたのです。一人でいたいときもあるかもしれないけど、イエスさまがいるところ、みんながいるところにおいでよって、イエスさまが呼んでくれたのです。呼んでくれるという、ここにおいで、とイエスさまが声をかけるのは、一人ひとりが大切な存在であるからです。


 


「来ないでいい」と言われるほど悲しいことはありません。いつも、自分のことを覚えていてくれて、こっちにおいで、みんながいるところにおいで、と呼んでくれることは嬉しいことだと思います。


 


イエスさまは今、目には見えないけど、イエスさまが「ここにおいで」、「みんながいるところに来て」と声をかけてくれたように、この牧羊幼稚園の先生一人一人が、みんな、一人ひとりのことを大切に想い、毎日、ここにおいで、みんながいるところに来て、と待ってくれています。呼んでくれています。


 


今、先生とみんながここに集まっています。その真ん中にはイエスさまがいてくれて、先生たちとお友達と一緒にみんなのことを大切に想い、守ってくれているのです。


 


そして、みんなも自分のお友達に「ここにおいで、一緒に遊ぼう」って声をかけてあげてくださいね。

 

 

 

 

 

 

 

-----------------------------

 

 

 

 

 

 

 

 

6月8日の聖書のお話 【聖書のおはなし】 2020-06-08 18:27 UP!

 

 

 

 

 

 

本日の月曜礼拝の

お話を掲載します^^

 

 

 

どうぞご家族の皆様も

お読みください

 

 

 

 

 

 

 

---------------------------

 

 

 


うれしい想い


 


チャプレン 司祭 林 和広


聖句


「全世界に行って、


すべての造られたものに福音を宣べ伝えなさい」


マタイ16.15


 


先週から牧羊幼稚園で過ごす日々が始まりましたね。


 


暑い日が続きましたが元気ですか?久しぶりに幼稚園に来る日が続いて、少し疲れてしまった人もいるかもしれないけど、また、今日、みんなと会えることができてうれしいです。


 


昨日は幼稚園のお庭にある教会での礼拝も始まりました。ずっとお休みでしたが、三ヶ月ぶりにお祈りする礼拝堂の入り口を開けて、窓も全部空けて、お祈りしました。天気も良くて、キレイな青空が見えて、気持ちの良い風が入ってくる中で、お祈りしました。うれしい1日でした。


 


‘うれしい’気持ちでいっぱいになったとき、みんなはどうしますか?


幼稚園に来て、うれしいことがあったら、誰かにそのうれしい気持ちを伝えていますか?


 


今日の聖句にある‘福音’とは、言いかえれば、‘うれしいこと’です。


 


‘うれしい’という気持ちがみんなそれぞれあると思います。お庭で虫を見つけた!キレイなお花があった!走るのが速くなった!とかいろいろありますよね。


 


聖書にある‘うれしいこと’とは、目には見えない神さまの想いをイエスさまがみんなに持ってきてくれたということです。さみしい思いを持っていた人、悲しい思いを持っていた人、苦しいという思いを持っていた人のところに、イエスさまが来てくれて、‘大丈夫だよ’、神さまが‘いっしょにいるよ’と伝えてくれた。そして、その人は元気になったのです。本当に元気なった。そして、そのうれしかった想いがあちこちへと伝えられていったのです。


 


そのうれしい想いは今も伝え続けられています。僕も聖書にあるイエスさまのお話を聞いていくうちに、神さまがいつも自分と一緒にいてくれている、イエスさまも一緒にいてくれている、そのお話を聞いて元気になって、その想いをみんなに伝えているのです。


 


その‘うれしいこと’は神さまからの贈り物です。決して消え去ることない愛に満ち溢れているのです。

 

 

 

 

---------------------------

 

 

幼稚園が始まって

2週目になりました。

 

新しいことが

いっぱいの毎日

 

 

 

初めてのことって

ドキドキするよね。

少しずつ、少しずつで

大丈夫です。

 

幼稚園での新しい生活にゆっくり慣れていこうね

 

 

 

 

また明日も

楽しく過ごしましょう

 

 

 

幼稚園で待っています^^

 

 

 

 

 

 

オゾン除菌消臭器について 【園からのお知らせ】 2020-06-01 18:43 UP!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

オゾン除菌消臭器について

お知らせします。

 

 

 

今回牧羊幼稚園で取り入れたものは、「オゾン」(低濃度)でウイルスを除菌消臭するものです。

 

 

 

「オゾン」は太古の時代から自然に存在し、大気を自浄する働き(脱臭・除菌)をしています。自然界でも日差しの強い海岸などでは0.03~0.06ppm、森林では0.05~0.08ppmの濃度が観測されます。

「オゾン」は目に見えませんが臭いとして確認できます。

大気圏にあるオゾン層は紫外線を抑え、地球上の生物を保護する役割をしています。

「オゾン」はウイルス・菌を分解して除菌し、酸素になり、残留物を出さない安全なものです。

 

 

今回購入のオゾン除菌消臭器は、一般環境濃度0.06ppm以下の0.01~0.05ppmをオートで出し、保育室の除菌を常時行っています。

 

 

 

 

 

 

 

6月1日の聖書のお話 【聖書のおはなし】 2020-06-01 18:24 UP!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

本日より、

1号幼稚園部登園再開

2号保育園部通常保育始まりでした!

 

 

 

 

お友だちや先生に会えて

嬉しいお友だちや、

 

久しぶりの登園に

ドキドキしていたお友だち、、、

 

 

みんなが

元気に集まることができて

とても嬉しかったです

 

 

 

先生たちもこの日を

とっても楽しみにしていました

 

 

嬉しい一日でした

 

 

 

 

 

 

全クラスの月曜礼拝を

当面の間、館内放送を使って

各クラスで実施致します。

 

 

聖句カードは園にて貼りますが、

 

月曜礼拝にて

子どもたちに話した

聖書のお話を

引き続き掲載していきます。

 

 

本日のお話の内容を

掲載しますので、

 

 

どうぞご家族の皆様も

お読みください

 

 

 

 

 

 

 

----------------------------

 

 

 

 

 


風を感じて


 


チャプレン 司祭 林 和広


聖句


「聖霊が、あなたがたにすべてのことを教え、


わたしが話したことをことごとく思い起こさせてくださる」


ヨハネ14.26


 


この幼稚園に来て、約3ヶ月たちます。でも、こっちに来てからすぐに新型コロナウイルスという怖いウイルスがあちこちで動き回るようになってみんなの幼稚園もお休みになってしまってなかなか会えずにいましたね。


 


このお休みの間、おうちでじっとしなければいけない時間が長かったので、いろいろと考える時間もありました。今、幼稚園の横に住んでいるので、自分が保育園に行っていたことも思い出します。あの頃は母親が遅くまで仕事をしていたので、他のお友達が帰った後も保育園に残っていたのですが、だんだん寂しくなって保育園の玄関に座って泣いていたのを思い出します。


 


また、まだまだあちこちで動き回っているコロナウイルスのことも考えます。心配なことがまだまだたくさんあります。自分のこと、みんなのこと、考えます。大丈夫かなあ、どうなるかなあって。


 


今日の聖句ですが、この言葉はイエスさまがずっと一緒にいた人たちとお別れする前に話された言葉です。ずっと一緒にいた人たちはとても寂しくなって、心配になっていました。これから僕たちはどうしたらいいだろって。


 


イエスさまが言う「聖霊」ってなんだろう?って思いますよね。おバケ?とか??


聖書の中では「風」とか「こころ」という意味もあるんです。


 


風って強い風の日もあれば、弱い風の日もあるけど、いつもみんなのそばに、みんなのところに吹いてるんですよね。みんなを包み込んでいる。幼稚園のお庭にも風が吹いていて、その中でみんな遊んでいる。目には見えないけど、体で感じますよね。今日は寒いなあ、涼しいなあ、気持ちいいなあとか。


 


神さまのところに戻り、神さまのところにおられるイエスさまからの「風」はいつもわたしたちの生きている世界に吹いている、みんなのところに吹いている。みんなを包んでくれている。


 


イエスさまからの「風」、感じてくださいね。イエスさまからの「こころ」に包まれて、生きているんだと。いつも、いつでも、どこにでも、みんなのところにいるイエスさまからの「風」、「こころ」を。

 

 

 

 

 

----------------------------

 

 

 

 

 

もも組、ばら組は

聖句カード帳を預かっています

 

聖句カードを貼ってお返しします^^

 

 

 

 

ひまわり組は

後日聖句カードを貼りますので聖句カード帳を

お便りファイルに入れておいてください。

 

 

よろしくお願いします