トップへ戻る

2月15日の聖書のお話 【聖書のおはなし】 2021-02-16 10:00 UP!

 

 

 

 

 

 

先日の生活発表会では

ご参加いただき

ありがとうございました

 

 

どのクラスも

当日まで楽しみながら

お稽古したことを

発揮できました

 

 

 

生活発表会のプログラム

実は4色

ご用意していました…

 

何色でしたか??

 

魔法学校風でした

 

 

 

 

 

生活発表会も終わり

3学期残すところ1ヵ月!

 

みんなが毎日元気に

楽しく過ごせますように

 

 

 

2月15日の聖書のお話を

掲載します。

 

 

 

 

 

------------------

 

 


「分け合うこと」


 


チャプレン 司祭 林 和広


聖句


「イエスはパンを取り、


感謝の祈りを唱えてから、


座っている人々に分け与えあたえられた。」


ヨハネ6:11


2月15日


 


おはようございます。雨の中、元気に幼稚園に来てくれてありがとう。


ある日、イエスさまはいつものようなたくさんの人に神さまのことについてお話していました。イエスさまは一生懸命、神さまのお話をし、そのイエスさまのお話を聞く人たちもそのお話に夢中になっていました。気がつけばお腹の空く時間に・・・。でも、多くの人々は食べるものを持っていなかったようです。イエスさまはそれを見て弟子たちに、「どこかでパンを買って食べさせたい」、そう言います。でも、そこにはたくんさんの人たちがいて、「こんなにたくさんの人たちを食べさせるほどのお金はないですよ、」と答えます。さらに、お弟子さんの一人が「パン5つと魚2匹を持っている少年がいますけど、こんなわずかの食べ物ではみんなと分けることはできないですね」と言います。しかし、イエスさまはそこにいるすべての人々を座らせ、少年が持っていたわずかの食べ物を取って、神さまにお祈りします。「神さま、この食べ物をわたしたちに与えてくださり、ありがとうございます」と。すると、少しのパンと魚しかなかったのに、たくさんの人々と分け合うことができるようになったのです。何が起こったのでしょう?


 


わずかのパンと魚しか持っていなかった少年は、みんなと分けることができるようにと、イエスさまに自分の食べ物を渡します。「これはわたしのもの、誰にもあげない!」という心ではなく、これしかないけど、みんなで分け合えたらいいな、ってイエスさまにそれを差し出します。この少年の心はそこにいた多くの人々に広がっていきます。


少年のようにわずかの食べ物を持っていた人たちが他にもいたのではないでしょうか。聖書には書かれていないけど、どんどんとイエスさまのところへわずかな食べ物が集まっていったのかもしれません。


 


わたしたちが生きている今の世界には食べる物がなくて困っている人、命を失う人がいます。実際には、世界中の人たちが食べることができるくらいの食べ物があるのです。でも、たくさんのお金を持っている人、たくさんのお金を持っている国が、有り余るほどのたくさんの食べ物をどんどん買い占めているのです。そして、食べきれない食べ物はどんどんと捨てられているのです。食べることができない人がたくさんいるのに、捨てられるのです。これは大変悲しいことです。どうしてこのような世界になっているのでしょう。


 


イエスさまが「分け合う」ことを伝えられました。わずかなものでもみんなが出し合い、分け合えばみんなが食べることができ、幸せに生きることができることを伝えられました。これは夢のようなお話ではありません。一人ひとりがそうすることで本当に世界は変わっていくのです。

 

 

 

 

------------------

 

 

 

 

 

 

2月8日の聖書のお話 【聖書のおはなし】 2021-02-09 18:03 UP!

 

 

 

 

 

先週の2月3日に

牧羊幼稚園に鬼が

やってきました…!!!

 

 

クラスごとに

豆まきを行いましたが、

 

反応はクラスによって

様々でした

 

 

お兄さん、お姉さんたちは

果敢に立ち向かい、

さすがだなぁと感じました

 

 

 

 

次は生活発表会ですね^^

 

 

みんなとても楽しみながら

取り組んでいます。

 

本番をお楽しみに

 

 

 

 

2月8日の聖書のお話を掲載します。

 

 

 

 

 

-----------------------

 

 


「神さまによびかける」


 


チャプレン 司祭 林 和広


聖句


「天におられるわたしたちの父よ、


御名が崇められますように


マタイ6:9


2月8日


 


おはようございます。今日も寒い中、元気に幼稚園に来てくれてありがとう。


 


幼稚園では今こうしてみんなで集まってお祈りする時間があります。お祈りとは何でしょう?


 


今朝の聖書の言葉は、イエスさまといつも一緒にいたお弟子さんたちが、イエスさまにお祈りについて教えてください、とお願いした時に、イエスさまが弟子たちに伝えられたお祈りです。みんなが今日のお祈りやお誕生日会でもおささげする「主の祈り」の中にあることばです。


 


お祈りとは「〜してください」というお願いごともありますが、最初にするのは」神さまへの呼びかけです。


 


「天におられるわたしたちの父よ」という呼びかけは、天におられる神さまへの呼びかけです。おとうさん、おかあさん、先生やおともだちのお名前を呼んで、何かを話すように、天におられる神さまに呼びかけるのです。


 


「御名が崇められますように」ということば。むずかしいことばですが、みんなが神さまに呼びかけ、神さまのことをいつも大切に想うことができますように、という願いです。


 


イエスさまはこの祈りを通して、いつも神さまに呼びかけること、そして、神さまのことをいつも忘れないで、大切に想うことを伝えます。


 


おとうさんやおかあさん、先生たち、おともだちが、みんなから呼びかけられ、いろいろなお話を聞いてうれしい気持ちになるように、神さまはみんなから呼びかけられ、みんなのいろいろな想いをききたいのです。そして、いつも神さまとつながって生きていけるようにと力を与えたいと想っているのです。


 


神さまは目には見えないので、ふと、忘れてしまうことがあるかもしれないけど、神さまはいつもみんなのそばにいて、見守ってくれています。そして、どのように過ごしているかを見てくれています。神さまへ呼びかけを楽しみに待ってくれています。今、このお祈りの時間を通して、神さまはとっても喜んでおられるでしょう。


 


今日はいい天気です。神さまの見守りの中で、楽しく元気に過ごすことができますように。


 

 

 

 

 

 

 

 

-----------------------

 

 

 

 

2月1日の聖書のお話 【聖書のおはなし】 2021-02-02 18:05 UP!

 
 

 

 

 

 

今日2月2日は節分ですね

 

 

幼稚園では一日遅れて

明日に豆まきをする予定ですが、

 

今日、鬼のお面を

被って帰ったクラスもありました!

 

園庭がかわいい鬼だらけでしたね

 

 

 

 

今日はひよこ組、もも組が

青鬼と戦っていました

 

写真はもも組さんです!

 

大盛り上がりでした

 

 

明日の豆まきは

鬼にどう立ち向かうか

みんなの様子が楽しみです^^

 

 

 

 

 

 

 

 

2月1日の聖書のお話を掲載します。

 

 

 

 

 

-----------------

 

 


「イエスさまのよびかけ」


 


チャプレン 司祭 林 和広


聖句


「わたしについて来なさい。人間をとる漁師にしよう」


マタイ4:19


2月1日


 


おはようございます。今日も寒い中、元気に幼稚園に来てくれてありがとう。


 


幼稚園ではただ遊ぶだけでなく、みんなでお片付けをしたり、劇をしたり、何かを作ったりして、みんなで力を合わせることを大事にしていると思います。一人でやるよりも周りの人の助けがあった方がいろんなことができます。自分一人ではできないことが周りの人の助けがあればできることがあります。


 


今朝の聖書のことばは、イエスさまが湖でお散歩していたときに、そこでお魚をとっていた漁師さんに対して言われたことばです。


 


大きくなって大人になったイエスさまは、神さまのことをみんなに伝えよう!イエスさまはそのために旅に出ることにしました。でも、自分一人で旅に出て神さまのお話をするのではなく、一緒に旅をしてくれるおともだちが欲しい、そう思われたのです。これは大変な仕事だ、誰かの助けが欲しい、そう思ったのです。そう思いながら湖のほとりを歩いているときに、湖で魚をとって戻ってきた漁師さんたちと出会ったのです。「一緒に神さまのお話を伝える旅に出ない?」、「僕と一緒に旅に行かない?」そう声をかけます。漁師さんたちは「なんで?僕たちは魚をとる仕事があるんだけどなあ」そう思ったことでしょう。


 


イエスさまは魚をとる仕事も大事かもしれないけど、困っている人、悲しんでいる人、その他、いろんな思いをもっている人たちに神さまがどれだけその人たちのことを大切に思っているかを伝えたい、だけども、それは僕一人ではできない・・・ みんなの助けが欲しい、そういう気持ちを漁師さんに伝えたのです。


 


漁師さんたちはイエスさまの思いを受けて、イエスさまと一緒に旅に出て行きます。イエスさまは自分のことを必要としている、助けて欲しいと願っている、そうであれば助けたい、力をかしてあげたい、そのような気持ちへと変わっていったのです。


 


イエスさまは一人でなんでもやってやろう、そう考える人ではありませんでした。一人ではできないことも、みんなで力を合わせればなんでもできる、ひとりひとりの力が大事なのだ、ということを知っていました。周りの人の力を大切にしました。


 


みんな一人ひとりいろんな特別な力を持っています。それを、みんなが出し合って、分け合って生きていくことを大切にして欲しいと思います。今日も元気で楽しく過ごすことができますように。

 

 

 

 

-----------------