10月19日の聖書のお話 【聖書のおはなし】 2020-10-19 17:14 UP!

 

 

 

 

 

 

先週の金曜日は運動会でした

 

 

ご参加くださった皆様、

ありがとうございました!

 

 

 

日々お稽古を頑張っている様子を

見てきたので、

 

成長を感じとっても感動しました

 

 

 

運動会への取り組みを通して、

またひとつ

大きくなりましたね

 

 

 

 

日に日に冷え込んできていますが、

寒さに負けず、

今週も頑張りましょう^^

 

 

 

 

 

本日の聖書のお話を掲載します。

 

 

 

 

 

------------------

 

 


「前を向いて歩こう」


 


チャプレン 司祭 林 和広


聖句


「アブラムは主を信じた。主はそれを神の義と認められた。」


創世記 15:6


10月18日


 


「信じる」という言葉が出できました。「信じる」とはどういうことでしょう。


 


今朝の聖句にはアブラムという人の名前が出てきますが、アブラムは先週のお話に出てきたノアという人の物語の後に登場する人です。その物語は神さまが突然、「自分が住んでいるところから離れて、わたしが示すところへ冒険に行きなさい!」と、アブラムに伝えるお話から始まります。「え〜?今からですか?どこに向かっていくのだろう?」アブラムは不安になったことでしょう。みんなも急にそんなこと言われたら困ってしまいますよね。


 


しかし、神さまはアブラムにわたしはあなたと一緒にいて、祝福を与えると約束します。どこに向かっていくのか不安になるだろう。でも、わたしはあなたを祝福し、あなたと一緒にいる、とはげましてくれたのです。


 


そして、アブラムは神さまに言われたとおり、冒険に出ていくのです。冒険に出たアブラムの先にはいろんなことがあります。アブラムは不安を感じます。このまま冒険を続けていくことはできるだろうか? 神さまは本当に自分に祝福を与えてくれるのだろうか? この先にうれしいこと、楽しいことがあるのだろうか? いろいろと考えます。


 


そこに神さまが再び、現れてアブラムに声をかけます。そして、必ず祝福を与えるからとはげまします。


 


アブラムは神さまを信じました。そして、冒険を続けました。神さまはその姿をみて喜んでくれました。


 


アブラムはまだ神さまが約束してくれたことを目でみてはいなかったけど、神さまの約束の言葉を信じました。


きっと神さまは自分との約束をかなえてくれる。この先にも神さまがいつもいてくれる、そう信じて、行き先のわからない冒険を続けました。


 


神さまを「信じる」とは、その約束がかなえられていなくても、きっと神さまはその約束をかなえてくれるし、行き先が見えない冒険にもいつも一緒にいてくれる、だから、大丈夫だ、と一歩前に歩き出すことです。


 


今は何にもない時、悲しい時、つらい時かもしれない。何にもかわらない時かもしれない。


でも、そこにも神さまは一緒にいてくれて、見守ってくれいる。そう思って、「よし!前を向いて歩いて行こう」と一歩前に踏み出すように招いてくれています。


 


そこにはいつも神さまがいる。今日も楽しく前を向いて歩いてくださいね、

 

 

 

------------------

 

 

【10月の聖歌】

 

 

『ちから』

 

かみさま ください

げんきなちからを

みんなといっしょに

あそぶちからを

 

かみさま ください

たすけるちからを

みんなといっしょに

たすけるちからを

 

かみさま ください

しんじるちからを

みんなといっしょに

いきるちからを

 

 

*****

 

 

『イエスさまのため』

 

こどものおすきな

イエスさまのため

わたしはどんなひとになろう

 

きよく あかるく ちからにみちた

ひかりのこどもになりましょう

 

 

 

 

 

 

10月12日の聖書のお話 【聖書のおはなし】 2020-10-13 17:11 UP!

 

 

 

 

 

先週、ばら組さんは

お外にブルーシートを敷いて、

おままごとをしていました

 

 

「わーい!!

 ピクニックだ~!!」

 

と準備の時点で大喜び

 

 

 

 

「ピクニックしようよ!」と

ひよこ組さんを

誘いにきてくれて、

 

 

みんなでピクニックしました

 

 

 

 

涼しくなってきて

お外遊びが気持ちいいですね

 

 

 

 

 

 

 

昨日の聖書のお話を

掲載します^^

 

 

 

 

----------------------

 

 

 

 

 

 


「空を見上げて」


 


チャプレン 司祭 林 和広


聖句


「これが、わたしと地上のすべて肉なるものとの間に立てた


契約のしるしである」


創世記 9:17


10月12日


 


今朝の聖書のことばは、神さまがノアという人に語りかけたことばです。


 


「契約(けいやく)」とか「しるし」というむずかしいことばがありますね。


 


「契約」とは「約束(やくそく)」です。おともだちと「また、遊ぼうね」とか「また、会おうね」とか約束したりすると思います。


 


「しるし」とは目に見えるものです。お誕生日にプレゼントをもらったりすると思います。「おめでとう」ということばと一緒にプレゼントを貰ったりすることがあると思います。プレゼントには「思い」が込められています。目に見える「しるし」です。


 


聖書の中にある神さまとノアとのお話は、神さまがいつもノアのことを大切に思っていることをわすれないようにと「しるし」を与えるよ、というお話です。


 


神さまがノアにあたえた「しるし」は、空にくっきりと見える「虹(にじ)」です。


「虹(にじ)」ってとってもキレイですよね。いろんな色があって、みんなもお絵描きで書いたりするかもしれないですね。どんな色を選ぶかな?


 


神さまはノアに、空に「虹(にじ)」が見えるたびに、あなたのこと、そして、この世界のことを大切に想っていることを一緒に思い出そうね、と約束しました。ノアは空に見える虹を見るたびに、神さまが自分のことを大切に想ってくれていることを想い出しました。


 


「虹」もキレイだけど、秋の夜空に浮かぶお月さんやお星さんもくっきりと見えてキレイですね。秋の空の雲さんも天気がいい日にはキレイに浮かんでいてイイ気分になります。


 


空を見上げて、キレイなお月さんやお星さん、雲さんという「しるし」を通して、目には見えない神さまがわたしたちのことを見てくれているということを感じて欲しいと思います。


 


今日もみんなに神さまの祝福がありますように。

 

 

 

 

 

 

 

----------------------

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

今週はいよいよ運動会!!

 

みんな元気に迎えられますように!

 

 

 

 

 

 

 

10月5日の聖書のお話 【聖書のおはなし】 2020-10-06 10:00 UP!

 

 

 

 

10月に入り、朝夕冷えるようになり、

体調の崩しやすい季節ですね。

 

 

夏は気温が高いために

園庭で遊べない日が続いたことも

ありましたが、

 

涼しくなったことで

園庭でも遊びやすくなりました!

 

 

 

もう少しで運動会ですね!

 

 

どのクラスもお稽古を

よく頑張っています^^

 

楽しみにしていてくださいね。

 

 

 

 

昨日の聖書のお話を掲載します。

 

 

 

 

 

--------------------------

 

 


「神さまの作品」


 


チャプレン 司祭 林 和広


聖句


「神はお造りになったすべてのものをご覧になった。


見よ、それは極めて良かった。」


創世記 1:31


10月5日


 


 


10月になって少し涼しくなってきました。


 


10月になるとこれまでわたしたちの目に映っていたキレイな緑色の木々やいろんな色をしたお花の色が変わっていきます。緑色からキレイな黄色、赤色へと変わっていきます。


 


夏の時期にミンミンと元気よく鳴いていたセミたちの声がなくなり、スズムシのリーンリーンという鳴き声、マツムシのチンチロリンという鳴き声、コオロギのキリキリという鳴き声などか聴こえてきますね。


 


お月さん、お星さんは夏の夜とはまた違う美しさがあって、わたしたちの心をおだやかにしてくれます。


 


わたしたちが目にしている景色はずーっと同じものではなくて移り変わっていきます。わたしたちだけなくすべてのものに「いのち」があって生きているからです。


 


聖書によれば、この世界のもの、わたしたち人間、その他の生き物、木々、草花、海、山、そして、この世界から見える月、星、太陽を含む宇宙すべてが、神さまによって造られたと言っています。


 


そして、それは神さまにとっても良い、とっても素晴らしいものだ、と喜んでおられると。


 


今、神さまは目には見えないけど、神さまがお造りになられたものはしっかりと見ることができます。涼しくて心地よい空気、風も神さまの造られたものです。これらすべてをよーく見て、触れてみてください。木々も草花も虫もよーく見るといろんな模様がそれぞれあって、同じように見える色も違いがあって、いろんな発見があります。


 


わたしたち人間も一人ひとり違いがあって、ひとりひとりに素晴らしい才能が与えられていて、このお友達はここがすごい!っていう発見があると思います。


 


いろんな発見をして、その良いところを見て、そして、その良いところをお互いに出し合って、楽しい場所、楽しい牧羊幼稚園にしてほしいと思います。


 

 

 

 

--------------------------