トップへ戻る

1月25日の聖書のお話 【聖書のおはなし】 2021-01-26 10:00 UP!

 

 

 

 

今日は少し暖かい日と

なりそうですね♪

 

 

 

どのクラスも

劇の準備を進めています^^

 

劇のお稽古や、

劇に使う道具などを

みんなで準備しています

 

 

楽しみながら

当日まで取り組みたいですね

 

本番をお楽しみに…

 

 

 

 

1月25日の聖書のお話を掲載します。

 

 

 

 

 

---------------------

 

 


「あくまのささやきをふきとばして」


 


チャプレン 司祭 林 和広


聖句


「人はパンだけで生きるものではない」


マタイ4:4


1月25日


 


おはようございます。今日も寒い中、元気に幼稚園に来てくれてありがとう。


 


「あくま」という言葉を聞いたことがありますか?あくまが登場する絵本もあるので知っている人もいるかもしれません。朝から怖い話をしていますけど、聖書の中には「サタン:あくま」が出てくるのを知っていますか? 


 


今、読んだ聖書の言葉は、イエスさまが「あくま」に対して言った言葉です。「あくま」とスマーフォンとかで調べると、怖い顔、角みたいなものが頭に生えているような姿が出てきますけど、聖書にはどんな姿をしているかは書かれていません。「あくま」は何をしてくるかと言えば、「神さまなんていないよ」とか「僕の言うことを聞いてくれたら何でもあげるよ」とか、「望んでいることをかなえてあげるよ」と、ニコニコしながら話かけてくるのです。怖がらせたり、怒ってきたりはしません。優しく近づいてきて、「僕のいうことを聞けばいいのだ」と神さまから離れさせようとするのです。


 


さて、イエスさまは誰もいないところでお祈りしていました。お腹が空いてきて何か食べたいなあと思っていた時に、あくまがイエスさまのところに来て、「食べ物あげようか」とさそいます。でも、食べ物をあげるかわりに、


神さまから離れて自分のところに来るようにとさそいます。「今、お腹が空いていて、欲しいものがあるのに、神さまは何にもしてくれないでしょ?でも、僕は何でも君にあげる。だから、神さまじゃなくて僕を信じて、僕についておいで」と。


 


でも、イエスさまは言います。僕は食べ物や欲しいものだけあればいいとは思わない。神さまと一緒にいたいし、神さまとお話したいし、神さまから大事にしているよ、と言われているので、今は食べるものがなくても大丈夫なんだと」。


 


たくさんの食べるもの、自分の欲しいおもちゃやいろんなものがあっても、自分のことを大切にしてくれる相手、いつもそばにいてくれて守ってくれる相手がいなければ生きてはいけません。「あくま」は神様なんていなくても、おともだちとかいなくても、たくさんの食べるもの、おもちゃ、欲しいものがあれば楽しく生きていける、そう言ってきます。みんなはどう思いますか?一人ぼっちでもいろんなモノがあれば楽しく生きていけると思いますか?


 


人は一人では生きてはいけないと思います。食べるもの、遊ぶものがあっても一人だったらどうでしょう?


神さまはわたしたちと一緒に生きてくれるし、一緒に生きるおともだちも与えてくれます。いろんな人と出会って、楽しく、元気に遊んで、いろんなことを学ぶためにです。牧羊幼稚園でのいろんな出会いは神さまが与えてくれています。今日も楽しく元気におともだち、先生と笑って遊んで過ごしてくださいね。

 

 

 

---------------------

 

 

 

【1月の聖歌】

 

『やさしいめが』

 

やさしいめが

きよらかなめが

きょうも わたしを

みていてくださる

 

まっすぐに あるきなさいと

みていてくださる

 

 

 

******

 

 

 

『ちいさなあかちゃんだったのに』

 

ちいさなあかちゃんだったのに

こんなにおおきくなりました

 

かみさまほんとに ありがとう

かみさまほんとに ありがとう

 

みうでにだかれて げんきなこ

ひかりのこどもになりました

 

かみさまほんとに ありがとう

かみさまほんとに ありがとう

 

 

 

 

1月18日の聖書のお話 【聖書のおはなし】 2021-01-19 10:00 UP!

冷たい!けれど触りたい!と集まっていました。
冷たい!けれど触りたい!と集まっていました。
「赤はとまりま~す」と並んで信号待ち・・・
「赤はとまりま~す」と並んで信号待ち・・・
「消防車に乗る人になる!」と言っていてかわいかったです^^
「消防車に乗る人になる!」と言っていてかわいかったです^^

 

 

 

 

 

 

3学期が始まりました^^

 

 

毎日とても寒いですが、

寒さに負けず子どもたちは

元気いっぱい

 

寒い日の朝、氷を見つけました

 

 

ばら組さんは

外遊び用のおもちゃに

水を張り、

氷ができる日を楽しみにしています

 

 

水が氷になるって不思議!!

 

外に出たくなくなるような

寒い日もありますが、

こんな発見があると嬉しいですね

 

 

 

 

ひよこ組さんは

手作り車のおもちゃに

手作り指人形を乗せて遊ぶことに

夢中です

 

 

「先生も乗ってくださ~い!」

 

と先生の指人形も乗せてドライブへ

 

 

行き先は温泉率が高いです(笑)

 

 

 

 

 

 

3学期も笑顔いっぱいの

楽しい毎日でありますように 

 

 

 

1月18日の聖書のお話を掲載します。

 

 

 

 

 

-------------------------

 

 

 


「新しい道へ」


 


チャプレン 司祭 林 和広


聖句


「わたしはあなたたちに水で洗礼を授けるが、


わたしよりも優れた方が来られる」


ルカ 3:16


1月18日


 


おはようございます。今日も寒い中、元気に幼稚園に来てくれてありがとう。


 


新しい年が始まりましたが、春になるとみんな、ひとりひとり、新しいクラスに上がっていきます。


 


ひまわり組さんはこの牧羊幼稚園を卒業して、小学1年生になります。


 


新しいことが始まります。時間がどんどん前に進んでいきます。


 


新しいところに行って、新しいことをすることは、「楽しみ!」と思うときもあれば、「不安だなあ、こわいなあ」と思うときがあります。


 


今朝のお話は洗礼者ヨハネという人が、イエスさまがわたしたちのところに来てくれる、そして、神さまのことを伝えてくれると周りの人たちに呼びかけているところの言葉です。


 


イエスさまもみんなと同じように、小さな赤ちゃんとして生まれ、どんどん大きくなって、そして、神さまのことを伝える旅に出る、新しい道を歩むと決めて、洗礼者ヨハネのところへ来ました。


 


不安もあったでしょう。いろんな思いを抱いていたことでしょう。神さまのことは伝わるだろうか? 出会う人たちと共に歩んでいけるだろうか?と。


 


でも、イエスさまの心の中には、いつも自分のお父さんがいました。父なる神さまがそばにいてくれる、守ってくれる、助けてくれる、だから、こわくても、不安でも、一歩前に足を出して、新しい道に進んで行こう、いつもそう思うことができたのです。


 


イエスさまといつも一緒にいてくれた父なる神さまは、みんなのところにもいてくれます。いつも見守ってくれています。不安なとき、こわいときも、一緒にいてくれて、支えてくれるのです。


 

 

 

 

-------------------------