7月12日の聖書のおはなし 【聖書のおはなし】 2021-07-12 18:57 UP!

「やさしいココロがあるところ

 

聖書のことば

「あなたがたは神の畑、神の建物なのです。」

コリントⅠ 3:9

 

チャプレン 司祭 ダビデ林 和広

 

おはようございます。今日も元気に幼稚園に来てくれてありがとう。

 

暑くなりました。庭のセミもすごく鳴いています。クワガタ、カブトムシも出てきています。

 

暑い中で、冷たいトマト、キュウリ、スイカ、美味しいですよね。みんなトマト、キュウリ食べますか?

 

これらはぜんぶ畑で育てられている野菜、果物です。

 

みんながいる牧羊幼稚園の建物の周りは、今はお家がたくさんありますけど、昔はこの周りは全部、畑だったそうです。いろんなお野菜が育てられていたようです。

 

畑で作るお野菜は長い時間がかかります。畑の土を耕して、きれいにして、種を撒いて、水を注いで、大切に育てて、種がぐんぐん大きくなってお野菜は育ちます。空からの太陽の光、雨は欠かせません。朝、夜、寝ている間、種は育っていきます。

 

幼稚園の建物は、みんながここに来て、いっしょにいろんなことを学んで、遊ぶために建てられたものです。

 

畑はみんながたくさんお野菜を食べて元気に大きくなるためにあります。

 

今朝の聖書のことばは、「あなたがたは神の畑、神の建物なのです。」ということばです。

 

みんなは神さまの畑、神さまの建物であると聖書に書かれています。なんの畑なのでしょう。どんな建物なのでしょう?

 

それは神さまのやさしいココロの種がまかれ、それを大きく育てる畑であり、神さまの優しいココロを分け合って楽しく過ごす建物です。

 

みんなの中に神さまのやさしいココロの種がまかれています。今、お祈りの時間を過ごしていますけど、お祈りを通して、みんなのココロの中にある種がどんどん大きくなるようにと神さまが水を注いでくれています。

 

みんなが集まってお祈りしている、今、この集まりが、神さまの建物となっています。集まって、神さまのため、世界のため、周りにいる人たちのために祈っている神さまの建物です。

 

どんどんとたくさんのやさしいココロが育つ畑になりますように。みんなが楽しく元気になる建物となるように、ココロを一つにしてお祈りを続けましょうね。

 

七夕 【きょうのぼくようっこ】 2021-07-09 15:00 UP!

笹に飾り付けをします。上手に結べるかな?
笹に飾り付けをします。上手に結べるかな?
七夕のお話を聞いたり、お歌を歌ったりしました♪
七夕のお話を聞いたり、お歌を歌ったりしました♪
ばら組さん
ばら組さん
もも組さん
もも組さん
ひまわり組さん
ひまわり組さん
ひまわり組さんは6日に、ぼくようてんもんかがくかんへ!
ひまわり組さんは6日に、ぼくようてんもんかがくかんへ!
ホールが真っ暗なプラネタリウムに変身!「あ!流れ星や~!」
ホールが真っ暗なプラネタリウムに変身!「あ!流れ星や~!」
形に切り抜いて、テープを貼って色を塗って…「見て見て!こんな形ができたよ!」
形に切り抜いて、テープを貼って色を塗って…「見て見て!こんな形ができたよ!」
ライトで照らすときれいな自分だけの星が輝きました!
ライトで照らすときれいな自分だけの星が輝きました!

7月7日の七夕の日🎋

作った笹飾りや短冊を、大きな笹に結んで飾りました!

願いを込めて歌った「たなばたさま」の歌声は、みんなの声が一つになってとても美しかったです🎵

みんなの歌声が願いを乗せて、お空に届いていますように🌟

 

7月6日には、ひまわり組さんは「ぼくようてんもんかがくかん」へ行きました!幼稚園のホールがプラネタリウムに大変身😊

チケットを渡して入場して、真っ暗なプラネタリウムにワクワク🎵

「すごーーい!」「流れ星あった~!」「僕の星座の、おとめ座や!」と星空を見上げて大盛り上がりでした✨

天体のお話を見たり、自分だけのオリジナルプラネタリウムの製作をしたりしました!

とっても楽しかったね!😊🌟

 

7月4日の聖書のおはなし 【聖書のおはなし】 2021-07-05 18:00 UP!

 

「どうしてなのだろう?のココロ

 

聖書のことば

「あなたは、地の境をことごとく定められました。

夏と冬を造られたものもあなたです。」

詩篇 7417

 

チャプレン 司祭 ダビデ林 和広

 

おはようございます。今日も元気に幼稚園に来てくれてありがとう。

 

今朝の聖書のことばは、「あなたは、地の境をことごとく定められました。夏と冬を造られたものもあなたです。」という詩篇という書物からのことばです。

 

昨日は暑い夜でありましたけど、しっかり眠れましたか? 

 

朝が来て太陽が昇って明るくなり、夕方には太陽が下り、暗くなって夜になり、月が登る、そのような毎日を過ごしています。1日の中にリズムがあります。

 

同じようにわたしたちが住んでいる日本では四季があります。春、夏、秋、冬の四季があります。今は夏の季節、これからもっと暑くなって、セミさんもどんどん鳴く季節を過ごします。そして、9月の終わり頃からは秋になっていく。

 

今、生きているわたしたちはどうして朝が来て、夜が来るとか、どうして四季が来るのか、また、いつ頃が暑くなるとか、寒くなるとか、雨が降るとか、雪が降るとか、宇宙にたくさんの機械、人工衛星と呼ばれるものが飛んでいるので、この世界の自然のことがよくわかるようになりました。

 

でも、今日の聖書の中にある詩篇を書いた人たちは、何千年前の人たちで、そのようなことは全くわかっていませんでした。毎日、朝が来て、夜が来て、暑い季節が来て、寒い季節が来るなど、そのようなリズムの中で生きている中で、自分たちが何にもしてないのに、「どうして?」と思った。

 

きちんと朝、夜、夏、冬が来る、雨が降る、太陽から光が注がれる、食べるものが育つ、動物たちもどんどん大きくなってくる、そんなことを体験する中で、それはきっと、天におられる神さまがしてくれているのだ!そう思うようになった。いつも「どうしてなんだろう?」と驚き、思いめぐらす心をもっていました。

 

先ほどお話しましたように、今、生きているわたしたちは宇宙にまで行けるようになって、いろんなことがわかるようになった時代に生きています。

 

でも、宇宙にも行けるようになった今でも、この世界には驚き、不思議の出来事がいっぱいなのです。どうしてこんなことが起こるのだろう、とわからないことがたくさんあるのです。

 

驚きを感じること、不思議に思って、どうしてなのだろう?と思い巡らす心、大切にして欲しいと思います。

 

今日の1日、そして、これからの1週間、毎日、いろんな不思議、驚きをさがしてくださいね!