11月22日の聖書のお話 【聖書のおはなし】 2021-11-22 20:30 UP!

 

「アドヴェント

 

聖書のことば

 

「おめでとう、恵まれた方。

主があなたと共におられる」

ルカ 1:28

 

チャプレン 司祭 ダビデ林 和広

 

おはようございます。今日も幼稚園に来てくれてありがとう。元気ですか?

 

今朝の聖書の言葉は「おめでとう。恵まれた方。主はあなたと共におられる」ということばです。

 

これから聖劇の準備に入りますけど、去年、聖劇を見たおともだちはこの言葉、覚えているかな?

 

この言葉は大天使ガブリエルからマリアさんに与えられたことばです。マリアさんのお腹の中に神の子であるイエスさまが宿ってお生まれになるよ、というお告げが与えられた時の言葉です。

 

今年は11月28日からアドヴェントという期節に入ります。12月25日のクリスマスまでの準備の期間を過ごします。「アドヴェント」とは「これから来る」という意味があります。何が来るか?

 

イエス様のお誕生日であるクリスマスの日が来ることと、もう一つのことがあります。聖書ではこの世にお生まれになったイエスさまは今は天に昇られて天からみんなのことを見守ってくれて、目には見えないけどいっしょにいてくれていることが記されているけど、そのイエス様はふたたびこの世界に来る、ということが書かれています。

 

いつ、どんな感じで来るのはわからない。でも、この世界に来て、お祝いの時が始まる日を待っている。クリスマス前のこの時期にこのことも思い出します。

 

みんなクリスマスツリーとかリースの準備してますか? 

 

教会ではアドヴェントの始まりの日からツリーとかリースを出して、クリスマスを待ちます。キラキラとキレイに光るイルミネーションも出します。いろんな飾りつけをして、嬉しい気持ちになりますね。

 

サンタさんにお手紙書いたかな? サンタさん、神さまから今年もよろしくねってお願いされて、みんなのためにせっせとプレゼントの準備をしてますよ。

 

クリスマスまで楽しみしながら過ごしてくださいね。