トップへ戻る

お知らせ 【園からのお知らせ】 2022-03-18 13:41 UP!

春休みが始まりましたが、皆様お元気にお過ごしですか?

3月21日にまん延防止等重点措置が解除されることになりました。

感染が拡大しないように注意が必要なことに変わりはありません。

県からメッセージが届いていますので、お知らせいたします。

どうぞ体調に気を付けてお過ごしください。

次年度の絵画指導について 【園からのお知らせ】 2022-03-18 10:45 UP!

※このトピックスは限定公開トピックスです。
トピックスの内容を閲覧するにはパスワードの入力が必要です。
 

3月14日の聖書のおはなし 【聖書のおはなし】 2022-03-14 18:00 UP!

 

「みんな、スーパースター

 

聖書のことば

「あなたがたはそれぞれ、

賜物を授かっているのです」

ペトロⅠ 4:10

チャプレン 司祭 ダビデ林 和広

 

おはようございます。今日も幼稚園に来てくれてありがとう。元気ですか?

 

突然ですが、みんな「クレヨンしんちゃん」知っていますか? 知っている人は見てますか?

我が家の子供たちは「クレヨンしんちゃん」が大好きで、D V Dを借りるし、毎週、土曜日夕方のテレビも楽しんで観てます。

 

その「クレヨンしんちゃん」はいつも「スーパースター」という歌で始まります。みんな一人ひとりがスーパースターであると歌います。スーパースター、分かりますか?みんなのヒーローです。みんなが「すごいなあ」と思える人ですけど、この歌では、みんな、一人ひとりがスーパースターだと歌います。歌の中で、あるおともだちは力持ち、あるおともだちは頭がいい、あるおともだちは顔がいい、あるおともだちはみんなに優しい、あるおともだちは歌が上手い、あるおともだちは絵が上手い、あるお友達はどんなときでも「ダメだ」と言わずに頑張る。ひとりひとりが何かを持っていると歌います。

 

今朝の聖句は、「あなたがたはそれぞれ、賜物を授かっているのです」という言葉。賜物とは、神さまからの贈り物です。さっきの歌にあるように、ひとり一人が何か特別な力を持っていて、その力を出して、この世界がよくなって行く、といいます。

 

歌にある以外でも、いろんな力を持っているお友達がいる。あるおともだちは昆虫のことをとってもよく知っているおともだちがいるし、足が速いとか、ダンスが上手いとか、すごく面白いとか、いろいろありますね。

 

神さまはみんなに特別な力を与えてくれています。これは本当です。一人ひとりにその力がある。でも、今、それに気がついていないおともだちがいるかもしれない。周りのおともだちと遊んだりしている中で、何かいいところを見つけたら、それを褒めてあげてほしいと思います。

 

それを認め合うこと、出し合うことでみんながいるところが良くなる。この幼稚園がもっともっと楽しく、素敵な幼稚園になるために一人ひとりのいろんな力が必要なのです。

 

 

3月7日の聖書のおはなし 【聖書のおはなし】 2022-03-07 18:00 UP!

 

「本当のリーダー

 

聖書のことば

「いちばん上になりたい者は、

すべての人の僕になりなさい」

マルコ 10:44

チャプレン 司祭 ダビデ林 和広

 

おはようございます。今日も幼稚園に来てくれてありがとう。元気ですか?

 

今、世界が大変なことになっています。ロシアという国とウクライナという国が戦争をしています。ロシアの一番上に立っている人が、一番偉いとされている人が、ロシアにいる多くの人たちにウクライナに行って戦争をするように命令しています。他人のことを思わず、自分のことだけを考えています。ウクライナにはみんなと同じくらいの歳の子供たちが戦争によって命を奪われています。これを見て、世界中の人々が悲しんでいます。

 

今朝のことばは「いちばん上になりたい者は、すべての人の僕になりなさい」ということばです。いちばん上にいる人のことを「リーダー」ということもあります。いろんなところに「リーダー」と呼ばれる人がいます。みんなもチームを作ったりするときに「リーダー」となる人を決めることがあるかもしれません。

 

「リーダー」は一番上にいて、他の人たちを引っ張っていく人のように考えられています。自分が全てを決める、自分のいうことを聞いてくれ、そのように命令する人と考えがちです。しかし、今朝の言葉は、イエスさまが弟子たちに話した言葉ですが、一番上に立つ人、リーダーは、すべての人を支える人になりなさい、と言います。リーダーは、周りのみんなのことを思いやる人であるのです。みんなに命令ばかりして、自分は何もしない、周りの人の苦しみを知らない人は、本当のリーダーではないのです。

 

自分からリーダーになりたいと思ってリーダーになる人もいるかも知れませんが、リーダーになる人は、自分が一番上で、自分が好きなことばかりをする人ではいけません。周りの人のことを思いやり、どうすればみんなが愉しく、元気で過ごすことができるかを考えなければなりません。自分が一番前に立って、自分の後ろについてくるように命令する人ではなく、みんなの後ろに立って、みんなのことを見て、支えることができる人がリーダーに選ばれるようになるのです。

 

イエスさまはそんなリーダーでした。イエスさまのようにみんなを思いやり、支える人となるようにイエスさまはみんなに声をかけています。

 

本当のリーダーとなれるように、イエスさまの言葉を胸に大事にしまってください。

 

お別れ会について 【園からのお知らせ】 2022-03-01 09:50 UP!

※このトピックスは限定公開トピックスです。
トピックスの内容を閲覧するにはパスワードの入力が必要です。
 

2月28日の聖書のお話 【聖書のおはなし】 2022-02-28 18:00 UP!

「心をこめて

 

聖書のことば

「この貧しいやもめは、

だれよりもたくさん入れた」

ルカ 21:3

チャプレン 司祭 ダビデ林 和広

 

おはようございます。今日も幼稚園に来てくれてありがとう。元気ですか?

みんなが礼拝の中で献げてくれている献金は、必要としている人のところに献げられて、大切に用いられていいます。いつも感謝しています。ありがとうございます。

 

献金とはお金を献げることですが、その献げるお金にはその献げる人の「心(ココロ)」が込められています。みんなのお父さん、お母さんが毎日、一生懸命に働いて得たお金の中から献げられているものです。一生懸命に働いたお金を自分だけのものとせず、神さまへの感謝のため、必要としている人のために「お献げしよう」という心(ココロ)が込められています。

 

今朝の聖書の言葉は、「この貧しいやもめは、だれよりもたくさん入れた」という言葉です。むかし、むかしイエスさまが神さまにお祈りするためにお祈りする場所に行った時、そこに献金箱が置いてありました。そこに多くの人がお金を献げていたのですが、それをイエスさまが見ていました。そこにはお金をたくさん持っている人たちがいて、たくさんのお金を献金していました。お金をたくさん持っているので、献金するお金もたくさんだったようです。でも、お金をたくさん持っている人はどんなにたくさん献金しても、お金がなくなることはありません。しかし、その中で全くお金を持っていない女性がお祈りする場所に来ました。その女性はほとんどお金を持っていませんでした。でも、その女性はその持っているお金を全部、神さまのために入れたのでした。

 

テレビなどのニュースで、お金をたくさん持っている人が、何百万、何千万、何億円と寄付した(献金した)というようなお話を聞きます。それに対して多くの人が素晴らしい!とほめたたえます。そのお金で多くの人が助けられるのでそのことはとても素晴らしいことです。だけども、誰も知らないところでお金を全く持っていないのに、お金を必要としている人のためにそのわずかのお金を献金している人たちもいるのですがそのことは全くニュースにはなりません。しかし、神さまの目にはそのことの方が大変重要なニュースであるのです。お金の金額が重要ではないのです。お金をほとんど持っていないのに、そのお金は神さまからの与えられたものであるし、必要としているところがあればそこに献げたい、という心(ココロ)を神さまは見ているのです。

 

私たちができること、献げることのできるものは少しだけかもしれない。でも、そこに神さまのため、周りの人たちのため、必要としている人たちのため、という心(ココロ)が大切なのです。何をするにも心(ココロ)を込めてする、そのことを大切にしていきましょうね。

2月21日の聖書のおはなし 【聖書のおはなし】 2022-02-21 19:00 UP!

「すべてのものは神さまからのもの

 

聖書のことば

「尽きることのない富を

天に積みなさい」

ルカ 12:33

チャプレン 司祭 ダビデ林 和広

 

おはようございます。今日も幼稚園に来てくれてありがとう。元気ですか?

 

今朝の言葉は「尽きることのない富を天に積みなさい」という言葉。今月の聖句ですね。

 

むかしむかしあるところにお金をたくさん持っている人がいました。そのお金持ちはお金だけでなく、畑を持っていて、その畑でたくさんの食べるものができました。たくさんのお金があって、そして、たくさんの食べものがありました。その金持ちは自分の家には入りきらないほどの食べ物があるのでどうしようかと考えます。食べるものがない人たちに配ってあげることもできたが、その金持ちはそんなことはまったく考えませんでした。そのお金持ちはもっと大きな家を建てて、そこにその食べ物をしまいます。そして、これで何年も、何年も食べるものに困らないぞ!もう大丈夫!と言って喜んでいたのです。しかし、それを天から見ていた神さまはその金持ちに言います。「今日、お前から全てのものを取り上げると。お前は自分のためだけにそれをしまいこんでいたからだ」と。

 

たくさんあれば分け合えばいいのにそのお金持ちはそれをすることを嫌がりました。分け合えば自分のものがなくなってしまう・・・そう考えたのです。みんなはどう思いますか?

 

たくさん持っていても分け合えば自分のものがなくなってしまうと言う金持ちの不安な気持ちはよくわかります。でも、天の神さまはそのような心配をする必要がないといいます。困っている人のために分かち合うのであれば、そこに神さまが力を与えて支えてくれるから。困っている人たちがどんどんと救われていって、元気になれば、そのお金持ちの人が困ったときにはきっと助けてくれるから。そうやってお互いに分かち合うことを大切にすることで、困っている人はどんどんと減っていき、たくさんの人が笑顔になれます。そうするとどんどんと嬉しい気持ちが広がっていくのです。

 

私たちは献金するときに「おささげします。神さまの御用のために」と歌います。すべてのものは神さまから与えられるもの。お金、食べ物は自分で働いて得ることができるものだけど、働くことのできる体、命は神さまからのものです。明日、自分の体、いのちはどうなるかわからない。毎日、毎日、朝、目覚めて、その日を生きることができます。そのことを感謝し、その与えられた命を用いてその日を生きることができるのです。私たちは神さまの御用のために命を受け、生かされています。その神さまの望んでいることの一つは「分かち合う」ことです。なんでもかんでもこれは自分のもの、としないで、困っている人に分け合うことです。神さまは困っている人が一人もいなくなるようにとみんなからの優しいココロ、助けを必要としているのです。

 

鬼は~外! 【園からのお知らせ】 2022-02-03 13:40 UP!

ひまわり組さんは、声もしっかり出して追い払っていました。
ひまわり組さんは、声もしっかり出して追い払っていました。
もも組さんは声は小さくてもしっかり追い払いました。
もも組さんは声は小さくてもしっかり追い払いました。
ばら組さん・ひよこ組さんは泣いて逃げつつも、頑張りました。
ばら組さん・ひよこ組さんは泣いて逃げつつも、頑張りました。
子どもたちは「黒鬼」と言っていますが、実は「赤鬼」なんです。
子どもたちは「黒鬼」と言っていますが、実は「赤鬼」なんです。

今日は節分ですね。

 

怖がりつつも頑張って登園してきたお友達も、楽しみにしていたお友達も、クラスのみんなで協力して鬼を追い払いました(^^)

 

小さいお友達は、思い出して泣いたりするかもしれません。そんな時はお子様の背中をさすったり、抱きしめたりして「頑張ったから鬼さんは逃げていったよ。大丈夫。」と落ち着かせてあげてください。

 

強い心で追い払ったので、きっと明日から鬼は出てこないでしょう!

 

みんなよく頑張ったね☆

 

1月31日の聖書のおはなし 【聖書のおはなし】 2022-01-31 18:00 UP!

 

「おたがいに思いやる

 

聖書のことば

「人にしてもらいたいと思うことは何でも、

あなたがたも人にしなさい」

マタイ 7:12

チャプレン 司祭 ダビデ林 和広

 

おはようございます。今日も幼稚園に来てくれてありがとう。元気ですか?

 

今朝の聖書の言葉は「人にしてもらいたいと思うことは何でも、あなたがたも人にしなさい」ということば。

 

わたしたちはそれぞれ「これをして欲しいなあ」と思うことがあると思います。あるおともだちはいっしょに遊んでほしいと思っているかもしれないし、あるおともだちは自分が一生懸命したことを「すごいね」とか「がんばったね」って言ってほしいなあ、と思っているかもしれません。

 

みんな一人ひとり、してもらいたいことが違うかもしれないけど、やさしい言葉、元気が出る言葉、うれしい言葉を言われてイヤな気持ちになる人はいないと思います。

 

やさしい言葉、元気が出る言葉、うれしくなるような言葉を、みんながお互いにかけ合えば、みんなやさしい気持ち、元気な気持ち、うれしい気持ちになります。でも、反対に、いじわるな言葉、イヤな言葉、悲しくなるような言葉を言えば、とっても悲しい気持ちになる。

 

みんな、一人ひとりが周りのおともだちのことを想って、やさしい気持ちでいてあげたら、どんどんとそのやさしい気持ちが広がっていく。そして自分もやさしい言葉をかけてもらってうれしくなる。

 

一人ひとりが周りのおともだちのことを大切に想うことによってその場所がとってもいい場所になっていきます。

 

楽しい牧羊幼稚園生活を送るためには、みんなが周りのことを大切に想うことが大事になります。一人ひとりの優しい気持ちが必要なのです。

 

それを分け合って、今日も1日、楽しく、うれしい気持ちで過ごせるようにみんないい場所を作ってくださいね。

 

 

 

園からのお知らせ 【園からのお知らせ】 2022-01-27 10:21 UP!

 オミクロン株による新型コロナウィルスの感染が拡大しています。

兵庫県も「まん延防止等重点措置」実施区域に指定されました。(2月20日まで)

 県から感染拡大防止についての要請が届きましたので、お知らせいたします。

 園でも子どもたちの健康管理に留意し、今まで通り感染対策を継続していきます。ご理解・ご協力よろしくお願いいいたします。