トップへ戻る

  • TOP > 
  • カテゴリ

【カテゴリ】  聖書のおはなし

1月24日の聖書のおはなし 【聖書のおはなし】 2022-01-24 18:00 UP!

 

「あたえあう

 

聖書のことば

「受けるよりは与える方が幸いである」

使徒言行録 20:35

 

チャプレン 司祭 ダビデ林 和広

 

おはようございます。今日も幼稚園に来てくれてありがとう。元気ですか?

 

今朝の聖書の言葉は「受けるよりは与える方が幸いである」ということば。

 

どういう意味かと言えば、これは自分のもの!、あれも自分のもの!と言って、いろんなもの全部、自分のものにするよりも、まわりのおともだちに「どうぞ」って分けあたえることができれば、みんながうれしい気持ちになるし、みんなのうれしい顔を見てたら自分もうれしい気持ちになる、というメッセージ。

 

この世界にはたべるもの、飲むものがなくて困っている人たちがたくさんいます。いつも食べるもの、飲むものがあるわたしたちには想像できないかもしれないのですが、実際にはそのような場所、人がいる。この世界にある食べ物、飲み物を分け与えればみんなが食べて、飲むことができるのにそれが出来ていないのです。食べるもの、飲むものにも限りがあります。急に増えたりすることはありません。分け合う心が必要なのです。

 

また、他にも与えるものはいろいろあります。幼稚園でみんなが分け合って使うモノもあれば、やさしい言葉とか元気になるような言葉、優しい笑顔とかいろいろあります。

 

困っているおともだちがいれば「大丈夫?」と声をかけてあげたらいいし、元気をなくしているお友達がいれば、元気が出る言葉をかけてあげたらいい。その優しい気持ちをみんなが分け合い、お互いが与え合うようになればうれしい気持ちがどんどん広がっていくのです。

 

今日1日、楽しく過ごしてくださいね。

 

1月17日の聖書のおはなし 【聖書のおはなし】 2022-01-17 18:10 UP!

 

「みんなのためにいのる

 

聖書のことば

「めいめい自分のことだけでなく、

他人のことにも注意を払いなさい。」

フィリピ 2:4

チャプレン 司祭 ダビデ林 和広

 

おはようございます。今日も幼稚園に来てくれてありがとう。元気ですか?

 

今年最初の月曜日の礼拝です。今日は大切な日です。1995年、今から27年前に阪神淡路大震災と呼ばれる大きな地震が起きました。この地震によってたくさんの人が亡くなりました。この地震によって亡くなった方々、そして、その家族のためにお祈りする日です。

 

昨日も日本から遠く離れたトンガという国の海の中にある火山が噴火したことによって日本にも津波が来ましたけど、わたしたちが生きている世界には地震とか津波、大雨による洪水とか、自然災害とよばれる出来事がたくさん起きています。これによってたくさんの建物が壊され、人が亡くなったことによって悲しんでいる人たちがたくさんいます。

 

どうしてこんなことが起こってしまうのだろう、と地震や津波、洪水などが起こるたびに思います。私はこれまでいろんな災害の被災地を見てきました。東日本大震災、熊本地震、西日本豪雨の時は被災地にいって何かできることはないかといろんなところを巡り歩いて、そこでいろんな人と出会って、片付けをしたり、食べるものを運んだりしましたが、元気をなくしてしまっている人がたくさんいました。なんとかしてあげたいと思ってもあんまりできることはない。できることは何だろうかと考えました。

 

神さまはいつもみんなといてくれる。わたしはいつもみんなにそう話していますけど、地震とか洪水とか起きて、たくさんの人が亡くなって、たくさんの人が悲しんでいるのを見るとき、どうしてこんなことが起きるのか? 神さまはどうしているのか? そんな気持ちになることがあります。聖書を見ても、どうしてこんなことが起こるのか、それに対する答えはありません。

 

だけども、聖書の中には悲しんでいる人、苦しんでいる人、困っている人のことを思ってくれる神さまの姿があります。なんとかしてあげたい、助けてあげたいと思ってくれる神さまの姿があります。

 

今朝の聖書のことばは、自分のことだけでなく、まわりの人のことを見てあげるようにと言っています。自分にできることはあまりなくても、困っている人、悲しんでいる人、苦しんでいる人のためにお祈りすることができます。神さまがしているように、わたしたちもそのように、その人たちのことを大切に思うこと、祈ることを大切にしたいと思います。それではこれから祈りをおささげしましょう。

 

12月13日の聖書のおはなし 【聖書のおはなし】 2021-12-13 18:10 UP!

 

「イエスさまと出会う

 

聖書のことば

「彼らはひれ伏して幼子を拝み、

宝の箱を開けて、

黄金、乳香、没薬を

贈り物として献げた」

マタイ 211

チャプレン 司祭 ダビデ林 和広

 

おはようございます。今日も幼稚園に来てくれてありがとう。元気ですか?

 

3本目のアドヴェント・クランツが点灯しています。また一つクリスマスが近づいて来ましたね。

 

先週はひまわり組さんの聖劇のリハーサルがありましたけどとっても良かったです。

 

最初から終わりまで全部良くできていましたけど、最後、生まれたイエスさまのところに三人の博士たちが贈り物を届けにくる場面、感動しました。

 

今朝の聖書の言葉は、「彼らはひれ伏して幼子を拝み、宝の箱を開けて、黄金、乳香、没薬を贈り物として献げた」という言葉。

 

この三人の博士、イエスさまが生まれたベツレヘムからすごく離れたところにいた人たち。ペルシャというところから旅をしたとも言われています。ベツレヘムからは何千キロも離れたところから旅をしてきたのです。

 

明石には天文科学館があるけど、この三人の博士たちは星を見てこの世界がどうなるかをいつも考えていた人たちでした。夜空を見るとたくさんの数えきれない星があるけど、それをじーっと見て、いろんな発見をする人たち。そんな彼らはいつもとは違う星を見ました。これは何かがあると。それは、救い主であるイエスさまの誕生を示す星でした。その星は彼らを旅に出るようと呼びかけました。三人の博士たちは悩みました。行ったこともないところに旅するのは怖いですよね。でも、三人の博士たちは旅に出ました。今の時代のように車、電車、飛行機もない。ラクダに乗っていったという説もありますがとっても大変な旅だったと思います。行くのをやめた方がよかったとか、いろんな気持ちになったと思います。でも、彼らはイエスさまに会いたくて旅を続けました。いろんな怖い思い、不安な思いをしていな中で、旅をした博士たち。そしてついに生まれたばかりのイエスさまに会えたのです。ようやく会えて嬉しくなった博士たち。「ありがとう」の思いでイエスさまにプレゼントしました。

 

イエスさまに会いたいと本当に願う人はイエスさまに会える。イエスさまを目で見ることができなくても、イエスさまがそばにいてくれていることを感じることができます。目に見えなけど、いつも見守ってくれるイエスさまを。

 

 

 

 

12月6日の聖書のお話 【聖書のおはなし】 2021-12-06 18:00 UP!

 

「あなたのために

 

聖書のことば

「今日ダビデの町で、

あなたがたのために

救い主がお生まれになった」

ルカ 2:11

チャプレン 司祭 ダビデ林 和広

 

おはようございます。今日も幼稚園に来てくれてありがとう。元気ですか?

 

2本目のアドヴェント・クランツが点灯しています。

また一つクリスマスが近づいて来ましたね。

 

今朝の聖書のことばは「今日ダビデの町で、あなたがたのために救い主がお生まれになった」ということば。

 

先週に続いて聖劇の場面に出てくることばですね。

 

この言葉は、神さまの天使さんからの言葉。誰に伝えた言葉かということ、真っ暗な夜に羊たちを見守っていた羊飼いさんに伝えられたことばです。

 

羊飼いさんって、ものすごく大変な1日を過ごしていました。毎日、たくさんの羊さんたちのことを見守っていたけど、一番大変なのは夜。夜は寝る時間で動物も人間と同じで寝ることが大事なので羊さんたちを安全なところに連れていき、安心させて寝かせる必要がありました。そして、羊飼いさんは羊たちが寝ている間、オオカミなど怖い動物が羊さんたちを食べたりしないように寝ないで羊たちを見守っていました。毎日、大変だった。こんなに大変な仕事をしているけど、羊飼いさんたちに頑張っているね、大変だねって声をかけてくれる人はいませんでした。一人寂しく、1日中、たくさんの羊たちの面倒をみていたようです。さみしいし、大変な大仕事でヘトヘトだったと思う。

 

そんな中で羊飼いさんに天使からのメッセージが今日の聖書の言葉です。

 

さみしくてつらい気持ちでいる羊飼いさんのために救い主が生まれた!と。救い主とは神様の子であるイエスさまのことです。神様の子イエスは、さみしい思い、ツラい思いをもっているおともだちのために生まれてくれた。さみしくならないように、いっしょにいてくれるために生まれてくれたのだと。

 

イエスさまはいつでも寂しい思いをしているおともだち、悲しい思いをしているおともだちのことを思っていました。大事なおともだちとしていつもいっしょにいてくれました。そして、神さまの子イエスさまは今は目には見えないけどみんなのところにいてくれているのです。イエスさまもみんながする聖劇、楽しみにしていますよ!

 

 

11月29日の聖書のおはなし 【聖書のおはなし】 2021-11-29 18:00 UP!

 

「やさしさをわけあう

 

聖書のことば

「マリアは月が満ちて、初めての子を産み、

布にくるんで飼い葉桶に寝かせた。」

ルカ 2:6-

チャプレン 司祭 ダビデ林 和広

 

おはようございます。今日も幼稚園に来てくれてありがとう。元気ですか?

 

アドヴェントの季節に入りました。アドヴェント・クランツ、1本目が点火しています。イエスさまの誕生日を祝う日であるクリスマスを楽しみにしながら過ごす期間です。

 

クリスマス礼拝に向けて聖劇の練習がありますね。今朝の聖書の言葉は「マリアは月が満ちて、初めての子を産み、布にくるんで飼い葉桶に寝かせた。」という聖句です。イエスさまの誕生の場面の言葉です。

 

生まれたばかりにイエスさまがどうして飼い葉桶に寝ることになったのか?

 

聖劇の中にある場面かと思うけど、宿屋がいっぱいで、イエスさま、マリア、ヨセフが泊る宿屋がなかった。

イエスさまのお父さんのヨセフさんはどこか泊まることがないか探した。すると、屋根もあって静かに過ごせるところがあった。そこはお馬さんとか牛さん、ロバさんとかが休む場所だった。そこでイエスさまは生まれました。

 

イエスさまが無事にお生まれになったのは、ヨセフさんが一所懸命になってマリアさんがイエスさまを産むところを探してくれたから。そして、生まれたばかりのイエスさまが寒くないようにとしっかりと布に包んでくれるマリアさんの優しさがあったから。そのおかげでイエスさまは大きくなっていきました。

 

そのイエスさまは大きくなって多くの人たちに優しい心をわけました。イエスさまはたくさんの優しさをヨセフさん、マリアさんから受けたのでそれを分け合うことができたのです。

 

みんなもたくさんの人たちからの優しい心を受けて、今、ここに生きています。そのことをたくさん感じて、どんどん大きくなってください。そして、その優しい心をみんなに分け与えて欲しいと思います。

 

来週はアドヴェント・クランツ、2本目が点火します。クリスマスが近づきます。サンタさんもプレゼントの準備をしてみんなのところに来るよ! 

 

楽しいアドヴェントを過ごしてください。

 

11月22日の聖書のお話 【聖書のおはなし】 2021-11-22 20:30 UP!

 

「アドヴェント

 

聖書のことば

 

「おめでとう、恵まれた方。

主があなたと共におられる」

ルカ 1:28

 

チャプレン 司祭 ダビデ林 和広

 

おはようございます。今日も幼稚園に来てくれてありがとう。元気ですか?

 

今朝の聖書の言葉は「おめでとう。恵まれた方。主はあなたと共におられる」ということばです。

 

これから聖劇の準備に入りますけど、去年、聖劇を見たおともだちはこの言葉、覚えているかな?

 

この言葉は大天使ガブリエルからマリアさんに与えられたことばです。マリアさんのお腹の中に神の子であるイエスさまが宿ってお生まれになるよ、というお告げが与えられた時の言葉です。

 

今年は11月28日からアドヴェントという期節に入ります。12月25日のクリスマスまでの準備の期間を過ごします。「アドヴェント」とは「これから来る」という意味があります。何が来るか?

 

イエス様のお誕生日であるクリスマスの日が来ることと、もう一つのことがあります。聖書ではこの世にお生まれになったイエスさまは今は天に昇られて天からみんなのことを見守ってくれて、目には見えないけどいっしょにいてくれていることが記されているけど、そのイエス様はふたたびこの世界に来る、ということが書かれています。

 

いつ、どんな感じで来るのはわからない。でも、この世界に来て、お祝いの時が始まる日を待っている。クリスマス前のこの時期にこのことも思い出します。

 

みんなクリスマスツリーとかリースの準備してますか? 

 

教会ではアドヴェントの始まりの日からツリーとかリースを出して、クリスマスを待ちます。キラキラとキレイに光るイルミネーションも出します。いろんな飾りつけをして、嬉しい気持ちになりますね。

 

サンタさんにお手紙書いたかな? サンタさん、神さまから今年もよろしくねってお願いされて、みんなのためにせっせとプレゼントの準備をしてますよ。

 

クリスマスまで楽しみしながら過ごしてくださいね。

 

 

 

10月15日の聖書のおはなし 【聖書のおはなし】 2021-11-15 18:00 UP!

 

「おやさい

 

聖書のことば

「わたしは、

主が与えられた地の実りの初物を、

今、ここに持って参りました。」

申命記 2610

チャプレン 司祭 ダビデ林 和広

 

おはようございます。今日も幼稚園に来てくれてありがとう。元気ですか?

 

みんな、朝ごはん、しっかりと食べましたか?

 

お野菜も食べたかな?

 

今週は収穫感謝礼拝と呼ばれる礼拝をおささげする予定です。収穫とは畑でできたお野菜を取り入れることです。たくさんのお野菜が取れて、食べることができることに「ありがとう」とお祈りすることを収穫感謝礼拝といいます。

 

お野菜をおうちで作っているおともだちもいると思いますが、お野菜を作るには、お水がたくさんいるし、お水だけでなく、お空から照らされる太陽の光が必要になります。お水のもととなる雨も必要です。雨が降らずに天気の良い日ばかり続くと畑はカラカラになるし、雨ばかりで空からの太陽の光がなければ、畑は雨でベチャベチャになるし、太陽の光からくる栄養もいただくことができません。天気の日、雨の日がうまく繰り返されて、おいしいお野菜ができます。お野菜はみんなの体を元気にしてくれるたくさんの栄養が入っていて、みんなをいろんな病気から守ってくれます。私たちが生きていく上でなくてはならない食べ物です。

 

今日の聖書のことばは、これらいろんなお野菜を与えてくれるのは、天におられる神さまにちゃんとお野菜ができたことに感謝して、そのお野菜を神さまにお捧げする人たちの言葉です。

 

神さまはみんなが元気になってほしいと思って、空からたくさんの栄養を注いでくれます。太陽の光、雨など、これらはすべて天の神さまから来るものです。みんなが食べているお野菜の中に、「元気になってね」という神様の想いがこめられています。また、みんなに美味しい野菜を食べてほしいとたくさんのお野菜を作る人たちの想いも込められています。

 

苦手なお友達もいるかもしれないけど、食べることができるお野菜を見つけて、しっかりかんで、食べて、どんどん、大きくなってくださいね。

 

 

11月8日の聖書のおはなし 【聖書のおはなし】 2021-11-08 18:00 UP!

 

「おたがいに、あたえあう

 

聖書のことば

「与えなさい。

そうすれば、あなたがたにも与えられる。」

ルカ 6:38

チャプレン 司祭 ダビデ林 和広

 

おはようございます。今日も幼稚園に来てくれてありがとう。元気ですか?

 

今朝の聖書のことばは「与えなさい。そうすれば、あなたがたにも与えられる」ということば。

 

「あたえる」と言うことば、わかりますか?

 

「どうぞ」と他の人にあげることですけど、普通に考えてなんでもかんでも自分のモノをあげることはできないのでどんな意味があるのかな?って思うところです。

 

大事なのはみんな一人ひとりが、「どうぞ」という気持ちをもってわけあうということだと思います。

 

みんなが幼稚園でつかっているいろんなものも、「これは自分のものだ」、「他のおともだちは使ってはダメ」と言って、全部、自分のものにしないで、みんなが楽しくあそぶためにわけあうことだと思います。

 

だれかが優しく「どうぞ」と言ってくれたらうれしい気持ちになると思います。そして、そのうれしい気持ちを今度はだれかにわけあう。そのようなうれしい気持ちがどんどん広がっていくようにしていくココロをみんな一人ひとりがもってくれたら、みんながうれしく、楽しい気持ちになると思います。

 

「どうぞ」とわけあうのは、幼稚園にあるおもちゃや園庭で遊ぶ乗り物だけではなりません。

 

わたしは毎週、聖書のおはなしをさせていただいていますが、聖書によれば、わたしたち人間、この世界にあるすべての生き物は神さまがお造りになられたとあります。神さまが私たちにいのちを与えてくれている。その私たちの心の中には「やさしいココロ」があたえられているのです。みんな、おたがいにあたえあうためにです。

 

目には見えないものですが、困っているおともだちがいれば、優しいココロをもって「だいじょうぶ?」と声をかけてほしいです。

 

みんながそのやさしいココロをわけあうとその優しいココロが自分のところにもどってきます。自分が困っているときには、誰かがきっと助けてくれるのです。

 

みんなでそのやさしいココロをこの幼稚園に広げていきましょうね。

 

 

11月1日の聖書のおはなし 【聖書のおはなし】 2021-11-01 18:00 UP!

「どんなときも、ともだち

 

聖書のことば

「どのようなときにも、友を愛すれば

苦難のときの兄弟が生まれる」

箴言 1717

チャプレン 司祭 ダビデ林 和広

 

おはようございます。今日も幼稚園に来てくれてありがとう。元気ですか?

 

ひまわり組のみんなは昨日、デイキャンプで楽しい1日を過ごしましたね。楽しかったと思うけど、疲れてないですか? 最後の幼稚園でのデイキャンプ。運動会、遠足、そして、デイキャンプと、一つ一つの同じクラスのおともだちとの行事が終わっていきますが、大切な思い出として心の中に残してほしいと思います。その他のクラスのみんなも同じです。一つ一つの時間を大事にしてほしいと思います。

 

今朝の聖書のことばは、「どのようなときも、友を愛すれば、苦難のときの兄弟が生まれる」ということば。

 

たくさんの人がいる中で、偶然にも同じ年に生まれて、そして、偶然にも、同じ幼稚園に入ってきたみんな。不思議なつながりがあります。そのつながりの中で、いろんなことをいっしょにやって、考えて、助け合って、今日まで来ました。これから12月の聖劇に向けての準備があるとおもうけど、この不思議なつながりを大切にして、過ごして欲しいです。

 

みんなの前、後ろ、となりにいるおもだちはみんな、神さまが与えてくれたともだちです。今朝の聖書のことばの中で「どんなときも」、ということばがあります。「いつも」という意味ですが、そこには、うれしい、楽しいときだけでなくて、かなしい、きついときもあります。元気がないときもあります。「今日は幼稚園行くのはイヤだなあ」とか、「おかあさんの離れるのさみしいなあ」とツライ気持ちになることがあります。

 

そんな気持ちになってかなしそうにしているおともだちがいたらそばにいってあげてください。おともだちがこのようなときにあるときにこそ、やさしいココロをもって、おともだちのそばにいてあげてください。大丈夫?と声をかけてあげてください。すぐには元気出ないかもしれないけど、そのやさしいココロはきっとそのおともだちの心に残ることでしょう。

 

「いつも」の中にあるかなしいとき、さみしいとき、つらいときにこそ、おともだちのささえが必要なのです。

 

今日も楽しく過ごしてくださいね。

 

 

 

 

 

 

 

 

10月25日の聖書のおはなし 【聖書のおはなし】 2021-10-25 18:20 UP!

 

「神さまに守られたヨナ

 

聖書のことば

「ヨナは三日三晩魚の腹の中にいた」

ヨナ 21

チャプレン 司祭 ダビデ林 和広

 

おはようございます。雨がよく降ってます。寒いです。その中にあって幼稚園に来てくれてありがとう。元気ですか?

 

毎週月曜日の幼稚園の礼拝で、私は聖書のお話させていただいていますけど、いつもみんなのそばに神さまがいっしょにいてくれる、ということをお話してます。いつもいっしょにいるから安心してねっていうお話をしています。

 

私のことをみんな「司祭」と呼んでくれていますが、「司祭」がすることの一つは、みんなに神さまのことを伝えることです。どんなときでも、そのことを伝える。そのために、私はみんなの前に立って、お話ししています。神さまがいつもいっしょにいてくれるということを信じています。

 

今朝の聖書の言葉は、聖書の中にあるヨナ書の中にあることばです。ヨナという人は、私と同じく、神さまのことを伝える、という使命をあたえられていたのですが、それがイヤになって神さまから逃げるために、船に乗りこんで、自分がいるところから離れようとしていました。すると、急に嵐がやってきて、ヨナが乗っている船が大変なことになりました。船が嵐でひっくり返されるくらいのすごい波がおそってきて、船に乗っていた人たちはおおさわぎしていました。船に乗っている人たちは、これは何かがあって神さまが怒って、嵐を呼んでいるのだ、神さまを怒らせた人はだれか? とお互いに言い合います。そして、誰が神さまを怒らせたのかとくじを引いて確かめよう、そう言い合います。そして、くじを引くと、ヨナに当たった。そして、ヨナに何があったのかと聞きます。ヨナは自分が神さまから逃げるために船にのりこんだことを話すと、みんなはどうすればこの嵐がおさまるのかとヨナに聞きます。

 

ヨナは自分を海に投げ込んでくれ、そう言います。自分が神さまから逃げたのが悪かった。自分のせいでこんな嵐になった。自分が海に落ちて苦しめば、神さまがゆるしてくれるかもしれない、そう思った。ヨナの話を聞いた人たちがヨナをかついで嵐の中の海に投げ込んだ。すると嵐がおさまった。

 

ヨナはどうなったのだろう? 死んでしまったのだろうか? 嵐の中の海、とっても怖い海。どうなったのだろう。深くて、暗い海の中、想像しただけでもこわい。みんな、ヨナが神さまから逃げたので、それで神さまが怒って嵐を起こしたと思っていました。ヨナが海の中に投げ入れられて苦しめば、神さまが許してくれると思ったのです。

 

でも、それは違っていました。神さまが海に落ちたヨナが沈んで死んでしまわないようにと、大きな魚にヨナを助けるように命令します。大きな魚はパクッと自分の大きなお腹の中にヨナを入れて、沈んで死んでしまうことがないようにしてくれたのです。

 

どんなときでも神さまは見てくれている。決して怒ってもう知らないとは思わない。本当に困った時、苦しい時、神さまはそばにいてくれている、守ってくれている。逃げたから、もう許さないぞー、と怒る神さまではなく、本当に大変なときに助けてくれる神さまがいます。

 

みんな安心して元気に生きて欲しいと思います。今日は雨ですけど、お部屋の中で元気で楽しく過ごすことができますように。