• TOP > 
  • カテゴリ

【カテゴリ】  先生達のスキルアップ

カイコで環境学習~シルク製品を作ってみる 【先生達のスキルアップ】 2017-12-04 13:44 UP!

 
 
写真は枯れ葉に擬態するカマキリです。
写真は枯れ葉に擬態するカマキリです。

11月27日に兵庫県環境政策課の実施する、エコスタディ★カフェという研修会が、認定こども園七松幼稚園で「カイコで環境学習~シルク製品を作ってみる」というテーマで行われました。

県下の先生方をお招きして、本園で実施している、カイコの絹糸と共に、箕面昆虫館の館長のご講演、フィールドワークを行いました。

絹糸の神秘と、子ども達がどのように虫に触れられるようにするのかについて学びました。

虫も色々おりますので、まずは毒虫でないか、そして頑丈で、小さく、動きがゆっくりなものがおすすめだそうです。

こうなるとやはり、身近なダンゴムシという生き物はもってこいですね。

七松学園法人理念研修 【先生達のスキルアップ】 2017-12-03 19:53 UP!

 
 

学校法人七松学園では、認定こども園七松幼稚園、武庫まつのみ保育園、塚口まつのみ保育園、そして認可申請中の第二塚口まつのみ保育園(仮称)における統一の法人理念を、外部講師を招いて再構築しています。

平成30年度から、国の幼保連携型認定こども園教育・保育要領と保育所保育指針が改正・施行させるのに合わせて、新しい教育や保育を子ども達に対してどう提供するか、常勤、非常勤に英知を持って作っております。1月6日には全職員が新しい、国の方針を兵庫教育大学から講師を招きつつ、常勤・非常勤の教職員同士で法人理念を共有する研修を行う予定です。

尼崎市私立幼稚園連合会の研修 【先生達のスキルアップ】 2017-12-03 19:52 UP!

 

10月18日には尼崎市私立幼稚園連合会・研究部では、各園の先生方が集まり研修を行いました。

七松幼稚園の先生達も毎回参加して、他の園の先生方とお互いの保育における写真を持ち寄って、年間の育ちについて、どのような過程で育っているかを話し合っています。

年度末には、兵庫県下の私立幼稚園団体の研修会で発表する予定です。

フィンランドの先生方と内田伸子先生の講演会 【先生達のスキルアップ】 2017-12-03 19:52 UP!

 
 

10月20日には「グローバル社会を生きる知性とは幼稚園教育要領改訂 を考える- フィンランド ナショナルコアカリキュラム を例に -」 という研修に参加しました。

尼崎市の私立幼稚園連合会・研究部の研究発表をさせて頂くと共に、フィンランドからのゲストは、幼児教育研究開発ディレクターのIl kka Tahvanainenさん、教育学博士のSaija Turunenさん。そして、日本からの登壇者は、お茶の水女子大学名誉教授の内田伸子先生、大阪総合保育大学教授の瀧川光治先生 先生、フィンランド乳幼児研究の山田郁子先生でした。
すごい先生方の発表を伺い、フィンランドと日本との共通点と違いを知り、それぞれが乳幼児教育の目指す道を探っていることが分かりました。

発表会を子ども達で作り上げる園の実践や、七松幼稚園のカプラの実践について、内田先生やフィンランド先生にも高評価を頂いたので、新しい幼児教育の姿も少しみえてきました。

素敵な研修の機会を作って下さった関係した皆様に感謝するとともに、これを励みにしていきたいと思います。

http://kuu365.com/symposium/finland_aoyama/

8月末の研修 【先生達のスキルアップ】 2017-08-31 18:10 UP!

 
 
 

8月末の研修

①保育に関するジャーナリストでいらっしゃる猪熊 弘子先生に来て頂き、安全管理に関する講義を七松幼稚園、まつのみ保育園の保育者にして頂きました。また、その後園内外に潜むヒヤリハットについてグループワークを通して教員同士で共有しました。

 

②尼崎市私立幼稚園連合会の研修が七松幼稚園で行われました。

兵庫教育大学准教授の鈴木正敏先生に来園して頂きました。他の幼稚園の先生方と共に、1学期の子どもの姿を報告して、来年度から変わる新しい学習指導要領の「知識や技能、思考力・判断力・表現力等、学びに向かう力、人間性等」にどのように結びつくか議論しました。

 

2つの研修から2学期の保育も新しい気持ちで取り組んでいきたいと考えております。

 

幼児教育実践学会での発表 【先生達のスキルアップ】 2017-08-31 18:06 UP!

 
 

幼児教育実践学会という研修会に、遠く北海道まで参加してきました。

今回は、新しく変わる、幼稚園教育要領と共に子ども達の育ちの捉え方について学ぶことができました。

また、本園のポスター発表では、園で始めている子ども達の「話し合い活動」について発表を行いました。

全国の園長先生、先生方、また大学の先生と議論することができました。

これから、文部科学省は次年度から幼稚園教育要領をはじめ、小学校、中学校、高等学校、大学受験までの流れを全て変えていこうとしています。その中で、人と人が話し合い決定していくことが、これからの学校教育としては必須になっていくので、自分の思いを他の人に伝えていく素地を幼稚園の中で作っていきたいと考えております。

救命講習 【先生達のスキルアップ】 2017-08-24 17:06 UP!

 
 
 

2学期を目前にひかえ救命講習会が行われ七松幼稚園、武庫まつのみ保育園、

塚口まつのみ保育園の職員が参加しました。

 

乳幼児の人工呼吸をはじめ、AEDの使用方法や止血方法、誤飲物の取り除き方など

の講習をうけました。

また、火災時に2階からの非難に使用する避難ハッチも実際につかってみました。

いざという時に慌てず避難できるよう役だてていきたいと思います。

日々の保育の中で、こどもたちの命を守る、大事な講習会となりました。

 

2学期からも事故のないよう保育をすすめていきたいと思います。

札幌のこども園へ見学 【先生達のスキルアップ】 2017-08-22 18:48 UP!

 
 
 

札幌の認定こども園へ見学に伺いました。

七松幼稚園と同じ時期に、認定こども園化し、園舎内と園庭環境も変えていらっしゃるそうです。

丁度、七松幼稚園と同じように園庭の中央に築山があり、非常に大きい立体遊具、泥だらけで遊べる場があり、生き生きと遊ぶ子ども達と出会うことができました。雪が降り積もっても、ここの子ども達はたくましく外遊びをしているそうです。さらに、屋内にもロフトスペースを作り、乳児の子ども達も遊んでいるそうです。

小さな怪我はあるそうですが、大きな怪我にならない、たくましさを育んでいらっしゃる場をゆっくりをみさせて頂けました。

東京大学での公開シンポジウムへの参加 【先生達のスキルアップ】 2017-08-22 18:40 UP!

 
 
 

先日、東京大学安田講堂で行われた「人生のはじまりを豊かに~乳幼児の発達・保育研究のイノベーション~という公開シンポジウムへの参加してきました。

丁度、昨年この研究メンバーが七松幼稚園へも園庭環境の調査もいらっしゃったので、その調査結果の一部についても聞くことができました。

本園の園庭環境も平均より上をいっているようです。また、全国の認定こども園で行われている挑戦的な試みは、運動場のような環境ではなく、起伏があり、多様な植物と、様々な遊具と触れ合える環境、少し危なそうでも挑戦できる環境を用意しているそうです。

その中でも、禁止事項をなくして、子ども達自信に考えさせていることが多いという話でした。

今後も、このような話を伺いつつ、園庭環境に子ども達が、自分自身で考え、挑戦できる場を作り続けたいと考えております。

 

http://www.cedep.p.u-tokyo.ac.jp/project_report/symposiumseminar/sympo_170806/

 

 

近畿地区私立幼稚園教員研修大会での発表 【先生達のスキルアップ】 2017-08-03 09:18 UP!

 
 
 

近畿地区私立幼稚園教員研修大会が京都で行われました。

七松幼稚園の教員の実践発表もあり、日々の保育の中での子ども達が先生に言われて取り組むのではなく、子ども同士の話し合いの中で拡げるカプラの取り組みや折り紙の活動が、新しい幼稚園教育要領に沿った活動であるかを発表してきました。

他の園の先生方と、グループで事例の検討を行い、子ども達の日々の姿から教育意義を学び合いました。

七松幼稚園での日々の取り組みについて、改めてこれからの幼稚園教育要領に合わせていこうと考えています。